<シリーズ “ 想い ”  その53>

         ♪
 ナ  チ  ュ  ラ  ル 
 
        
                      
                                              2004.12.28

            楽器を扱う時の誰が考えても最もいい状態はいわゆる‘自然体’。当たり前だが、こ
           れを教える時に、ハイ これが 自然体です!と、一言で済ます訳には  まず  いかな
           い!(よね?)

           長年やってきてほぼ万人に当てはまるであろう自然体な状態は大体分かってきたが、
          これをいきなり言って、その状態をまず Get してもらうというのはできないものだろう
          か? そうすればもんもんと苦しみ悩む20数年の時間がいっぺんに短縮でき、その分
          音楽そのものに人生を投じる事が出来れば、、それはかなりいい人生になるのはまず
          間違いない。ここで問題なのは、それがやれるかどうか,またやっていいものかどうか、
          ということになると残念ながらやってみなければ分からないという答しか出てこないとい
          うことだ。

           「これも歴史!」ということで言ってしまえばいろんな時期があってもいいんだろうが、
          例えば1970年代〜90年代にかけて全ての楽器で、Jazz の楽器扱い(奏法)はかな
          り確立され、しかも歴史上初めてJazz の楽器扱いのノウハウが出てきたという旬も手
          伝って、やたら技術先行でみんながみんなただただ楽器が上手いやつばかりが出てき
          て、水準は高くなったものの面白くも何ともない時代がやって来たのは歴史上の事実。
          この点での反省点は、技術は一歩一歩自分にとって必要なものだけを身につけていく
          という昔ながらがいいという結果が得られたこと。要はやってみたもののみんな同じに
          なっちゃったという話で、個性を一番に掲げるJazz界においては最悪の教育システム
          になってしまった。そこで次に掲げるシステムで、まず、自然体とは?,自然体から!,
          そしてそこから自分の好きな方向に体重を掛けていって好きな道を探求し、行き詰まっ
          たり・まとめたりの時には自然体を基本に物事を見つめ直し,考え,発展していけばど
          うか?、というのが私くしからの提案。一見またみんな同じになりそうだが具体的な奏
          法からのアプローチではないので必ずそれぞれになってくるはず!? ただ‘自然体’
          はあまりにも一言で終わってしまうんで、それを Keep しつつ身につけ理解していくの
          はそう簡単ではない。 でも単純に見れるし考えられるし、理解が始まれば以外に短い
          期間で習得出来そうな気はするんだけどなあ。世界的にも恐らく前例がないだろうから
          誰にも分からないんだが、20数年が数年で済みそうな気がしてならないんだけど・・・。

           やっぱ、誰にも分からないよね、こんなこと。「理想と現実は違う」と一言で済まされる
          か、「やってみれば」と一言で済まされるか、「まあ無理だね」と一言で済まされるか、い
          ずれにせよ‘一言’からは逃れられないことだけは想像がつく。 さすがは自然体!!
          ト ホ ホ ・・・・・。



          新   太   郎