<シリーズ “ 想い ”  その52>

          ♪
New York こぼれ話 ♪

        
                      
                                              2004.11.26

            先月の“想い”のおまけのような話になってしまうが、昔 New York に渡って住み
           始めた頃のことをつい思い出してしまった。 結局は自身もそうなってしまったんだが、
           New York に住み始めて1年を超え始めると、次から次へと New York にやって
           来るミュージシャンを漠然とどことなく余裕を持って見ることが出来る。この時面白い
           のは、全てのパート( Vo は省くかな)に、ある共通項を発見するのだ。それは興味深
           いことにほぼ半年後にやって来る!1ヶ月前後ほどの誤差はあるものの、みんなそう
           なってしまうのだ。最近は New York に出向いてないので最近の状況はどうなのか
           は知らないが、少なくとも私が住んでいた頃の1982〜84年にかけてと、それ以前
           から New York に住んで play している、まあ、言わばNew York在住の先輩方の
           話によるとどうやら言い伝えの範囲だが、1970年頃から共通して見られるとのこと。
           恐らく憶測だがたぶん更にさかのぼった辺りからきっと発生していた出来事だと思わ
           れる。中でも特にドラマーが極端にそうなってしまうので、申し訳ないが思わず変化し
           た瞬間を見てしまうと吹き出してしまう。ただ私自身も同じような事になってしまってい
           るので、たぶん誰かに笑われているのはほぼ間違いない。
 
            最初、New York の Jam Sessionに顔を出し始め、みんなNew Yorkに出て来
           てまでやるんだからそれなりに腕に自身があるが故にそうなるのだが、例えばドラマー
           で言うと、当初はとにかく ハデ に叩きまくる! 技術を見せ,センスを表現し,自分
           をとにかくアピールする。ハッキリ言って‘うるさい’んだが、それでもなりふりかまわず
            叩きまくる! おまけに何度か Session に顔を出していくうちに、他のドラマーが静
           かで下手くそに見えてくるのか、更に増量になっていくのだ。ところがある日突然、そ
           れはやって来る。 これが同一人物? あれほどまでに自分をアピールしていたドラ
           マーが、ある日をもって、まったく静かで、右手のレガートと左足のハイハットのみが
           殆んどで、もうこれ以上減らしようがないと思える所まで音数と音量が激減するのだ。
           本人には申し訳ないが、とにかく笑ってしまう。でも、これが New York のサウンド
           センスなんだな。 できるだけ Simple に,できる限り少ない音数と音量で Swing さ
           せるか、ドラマー以外で言えば、やたら16分音符で埋めまくっていたフレージングを
           極力 Simple な 8分音符に留めて、へたをするとトツトツなまでに 8分音符の量を減
           らして演奏し始めるのだ。これが面白い事に多少の前後はあるものの、ほぼ半年後
           に変革が起こるという話。

            ベースなんかもベースラインでバッキングしている最中にやたら3連音符を入れて
           かっこよさを強調していても半年経つともう3連はどこへやら。ピアニストは Simple
           なシンバルレガートに Simple なベースラインがかもし出す Swing 感にどのような
           Voicing でバッキングを入れていくか、非常に注意深くなるし、フロントはリズムセク
           ションの出す Simple な Swing 感にどう答えるか、など、とにもかくにもみんなして
           半年経つと Simple ごっこが始まってしまう。

            なんか、ついこの間のように思い出してしまった。


                                                       Shintaro