<シリーズ “ 想い ”  その51>

          ♪
  撤    回   ♪

        
                      
                                              2004.10.25

            Jazz を始めて、此の方もう20うん年になってしまったが、これまでずっと Jazz に
            親しみを持ってもらおうと多くの方に熱く語ってきたが、思い起こせばその殆んどが
            「Jazz はカンタンカンタン,ブンブンブン,で、ほら、出来ちゃうでしょ?」みたいな手軽
            さをちらつかせていたように思う。しかし、ここに来てこの‘語り草’は撤回し、逆に「
            Jazzはそんな簡単な音楽ではない」ということをもっと前面に押し出した方が正味
            真実だし、立ち向かう勇気と根気,しいてはどのみちすぐに出来ないんだから人生 
            の目標にもなるし、遠い将来かもしれないが、市民権ももらえるんじゃないかと。 世界
            的にも Jazz は音楽の世界では評価はあるものの隅っこに追いやられてしまって、日
            本では更に日陰状態。色々な原因はこれまた沢山あるだろうが、Jazz が素晴らしい
            ものであるという認識と理解をはっきり示す事がかなり重要な事なんだと思うように
            なってきた。 が、その前にプレイヤーサイドの認識改革がまずは重要なのは言うまで
            もない。

             例えばスウイングすること一つ、これがどれほど難しくてどれほど素晴らしいかを、
            プロフェッショナルプレイヤーが先頭に立ち、正面から立ち向かうべき項目である
            ことは、誰もが否定できないことだろう。要(かなめ)はドラム。まずはドラマーにシン
            バルレガートをもっともっと見つめ直してもらう必要がある。これまで、多くの先輩達
            に見受けられたド迫力(というより大音量)なドラミングではスウイング感はあり得ない。
            p〜mpの範囲内で心地良く進むリズム感こそスウイング感をもたらす重要な下地。
            昔の Jazz Drumer の巨人達は一見どでかい音量のようだが絶対にそれはあり得
            ない! 理由は当時の Bass が生音で、今のような Pick Up で Amp に通してと
            いうような道具が無い時代。当然、音量バランスを Bass に合わせる必要があるか
            らだ。勿論、当時のベースプレイヤーの評価の一つに音がデカイというのは確かに
            あったが、他の楽器に比べたら‘デカイ’と言ってもタカが知れている程度。全ては
            当時のレコーディングエンジニアの編集バランスがそうさせてるだけで、あのアート・
            ブレイキーでさえ大音量は曲中で一瞬の一〜二度ほどなのだ。(実際にNYで聞いた
            時もそうだった!)

             勿論ドラマーばかりではない。ホーンプレイヤー,ピアノ,ギター,ベース,その他の
            メロディー楽器全て、スウイング感の源である8分音符の徹底追求は相当な時間を
            掛けてやっていく必要がある。
             跳ねるような8分音符,evenな8分音符,ねばり気味の8分音符,微妙な音量加減,
            >(アクセント),×(ペケ音),(♪)(かっこ音),etc.etc.。他にも言葉にできないよう
            なもの,説明が難しいもの,説明不可能なものも含め、加えてそれらのコンビネーショ
            ンから生まれる多種多様な8分音符の世界。ドラム,パーカッション以外の音程楽器
            はまずこれらを避ける訳にはいかない。
             メロディー楽器が8分音符を追求し、ドラマーはスウイング感を追求し、この両者が
            合わさることで更に複雑なアンサンブルコンビネーションも発生するが、それらは全て
            スウイングすることで瞬時に解決され、複雑極まりないものがいとも簡単にシンプル
            なシェープになる。この魔法のような状態もスウイングの真骨頂の一つと言える。

             ただ、何度も言う、これからもすっぱく言う。スウイングすることはそう簡単ではない。
            それ故に生涯(命)を掛けて Life Work にまで発展し、追い求める人種が世界で数
            パーセントも現れてくるのも十分うなずける話なのだ。

             スウイング感は決して選ばれた人間にしか出来ない世界ではない。努力で十分到達
            できるもの。ただし、そう簡単ではない!
             当然、長年練られて出来上がってきたスウイング感にそれぞれの違いは出てくるだろ
            うが、それは心配無用。それどころか大歓迎のスタイルの確立が約束されているのだ
            から、願ったり叶ったり!!!

             ああ〜〜、
            は〜や〜く こ〜い〜こ〜い ス〜ウ〜イ〜ン〜グ〜〜〜♪



                          S  H  I  N  T  A  R  O



                 ×   ペケ音  : ピッチ感はないがそのタイミングに入る何がしかの音
                 (♪)  かっこ音 : ペケ音に比べてピッチ感はあるものの、かなり抑えた
                             ニュアンスの音