<シリーズ “ 想い ”  その50>

        ♪
  や  っ  ぱ  し   ♪

        
                      
                                              2004.9.28

            
            ‘きめ細かな準備と探求’、やはりこれが我々日本人の世界に負けないかなり有力
            なスタイルであることはどうやら証明されたように思う。事例は今年のアテネオリンピッ
            クだ。メダルを取った選手,団体及びメダルに絡んだ選手達の多くは、念入り且つき
            め細かな準備が勝利を呼んだのは言うまでもない記憶に新しい所。
             トレーニング及び試合当日までの調整のノウハウ,食事や怪我に対するこれまでの
            経験を生かした工夫,試合中でのありとあらゆるメンタリティなコントロールとペース
            配分、言い始めるとキリのないくらい大量の項目になるが、それら全てをCheck し、
            そして単純にまとめ上げる考察力。 何かやれそうな気、しません?

             これまでの体力に物を言わせた海外の選手達にかなりやられ続けてきたが、ここ
            に来て思ったとおり、かなり対抗できる所まできた。勿論、このスタイルは始まったば
            かりで、今後試行錯誤による浮き沈みはあるものの、必ずや更にグレードアップして
            いくのはたやすい想像だ。

             残念ながら芸術の世界は更にキメ細かさを要求されることになるが、日本のジャズ
            プレイヤーがいつの日か、どれかのパートで頂点を極めるアーティストが出てきても
            おかしくない状況が、がぜん高まってきた。
             決して楽な道のりではないし、いつ到達できるかの保証もないが、後は自分を信じ
            一人一人のアイデンティティーに富んだ工夫と情熱があれば、必ずその日がやって
            来る!  そう私は言い切りたい!!


                                           S H I N T A R O



            (ちょっと力入り過ぎかなあ? ま、たまにはええかっ・・・)