<シリーズ “ 想い ”  その49>

    ♪
Don’t Worry,Don’t Worry! Go ahead! ♪
        
                      
                                         2004.8.25


            もうかれこれ20数年前、New York に住んでいた頃、sessionや仕事で黒人の
           歌のオバさんにソロの途中でつまづいた時に「Don’t Worry,Don’t Worry!
           Go ahead!」と、よく励まされたのを記憶している。Jazz のアドリブは不安になる
           と、もう何も出てこないし、かと言ってあがいてもこれまたバタバタするだけで結局の
           所いいフレーズなど出てくる訳もなく、ただ悲しいバトンタッチが待ち受けているだけ
           になってしまう。こんな経験を持っている人は楽器をやってる限り恐らく100%の人
           が大なり小なり体験していると思う。
  
            アドリブで不思議なのは、自分が上手くいったと思っても大半の人がそうは思わ
           ない、逆に上手くいってないと思っても、どっと拍手を戴いたり、仲間(共演者)に「
           イエッー!」と掛け声をかけられたりする所だ。通常、音を出す寸前に今から進む
           であろう道のイメージがやって来て、そこにフレーズや音を入れていくのだが、どう
           もその‘寸前’が更にもう少し手前で(道のイメージが)やって来て、実行(プレイ)に
           移す前から「シメシメ」と思ってしまったり、まだやってもないのに自己盛り上がりを
           やってしまうと、たとえそれがとんでもなくいいフレーズでも、オーバータッチになって
           しまい、そのフレーズが100%響かない状況になり、聴衆には思ってるほど心に
           浸透していかない現象になってしまう。
            逆に、漠然と進む方向だけを押さえて、さほどフレーズを弾く訳でもなく、これと
           言って特徴的な事をやるでもないんだが、意外や意外に思っている以上に好結果
           を生む可能性が高い。だからと言って何も考えずに、よく言う‘適当に’やってしまう
           と、何枚皿が投げ込まれても仕方が無い始末になってしまう。このような‘適当’方
           はかなりリスクが高いのは周知のとおり。

                                  ☆
 
            Jazz をやり始めてもう何年経つか知らないが、今になってあのオバさんの一言
           が、アドリブを円滑にプレイしていく心の支えになっているというのに‘ようやく’気付
           いた!!   「Don’t Worry,Don’t Worry! Go ahead!」

            なるほどなあ〜、やっぱ歴史って凄いなあ〜〜!!!


            皆さ〜ん、アドリブは心配しないでやりましょう〜〜〜〜!!!!
           (又、自分に言い聞かせてるな〜?!)


                             S  H   I  N  T  A  R  O