< シリーズ “想い”  その 5 >

♪  ベ−スの役割  ♪
【 2000.6.28 】

 >今回は私くしの日頃の仕事の内容を紹介することにしました。<

  • オ−ケストレ−ションのキ−プ
  • FeelingのKeepとbuild up
  • グル−ブ感のKeep
  • Solo Playerに対するイマジネ−ションの提供
  • バンドをまとめる、全員を包む(orつなげる)
  • コ−ド表示
  • 偶発的なチェンジコ−ドの対処、対応
  • ドラマ−とのリズムテンション
  • ピアニストのVoicingのキャッチングとかけひき感の伴うハ−モニ−の進行と広がり
  • オ−ケストレ−ションのパラレル状態時における秩序にのっとった低域の独立した流れとの橋渡し
  • フロントプレ−ヤ−の要求するFeelingのSet upとKeeping
  • ボリュ−ムでなく厚みの系統でのアンサンブルワ−ク
  • 共演者に対するスペ−ス作りでの心配り
  • ピアニストのVoicingの違いから生じる微妙なピッチバランス(特にバラ−ドにおいて)
  • SolistのFeeling、PianistのVoicing、DrummerのTouchに音場を加えた全てをバランスよく感じさせる ONE NOTE(4分音符)の連続によるベ−スライン(カッコイイ!!)
  • 共演者の潜在能力を引き出すような配慮
  • Solistに対し、道をつくり障害物を作らず尚かつ前進力(推進力)を促進するようなベ−スラインの進行(水先案内人)
  • ム−ド作り
  • ひっくり返ったSolistに対する一早い対応
  • 複数プレ−ヤ−がずれてしまった時のナチュラルな見守りと不自然さの極力ない状態でのカムバック
  • それに企業秘密が2つ
  • これ以外にとても苦しく大変、でも時には楽しいベ−スソロ
思い当たる言い回しを全て書いてみました。後はいつもできるかどうかはわからないが、日頃一番務めているKeep Swinging! しかし、これで全てではないのは百も承知。きっとこの先まだまだ次のポイントが出てくるにちがいない。(ワクワク!!)  

                            

  

                                         新 太 郎