<シリーズ “ 想い ”  その48>
         
                            2004.7.27

♪  仮 説 ♪

いい音とは、たぶん贅沢な状態?

 美しいとか,透き通っているとか色々あるだろうが、物質がそうであるように音もいい
物は、いい素材であったり手のかかった工夫感のあるものであったり,早々直ぐに手
に入らないような希少価値的なのもであったり、どちらにせよ所謂贅沢な状態と言える
のでは。

 音響システムで言えば、真空管のアンプで聞くとそれはそれは大変温かく安らぐいい
音になる。これは言わば真空管という大量に電気を食うという贅沢のおかげで、いい
気持ちなれるというからくり。

 そこで思えるのは、いい音を出す為には例えば 10 ある力を 8 とか 7 程度で 2〜
3 の力はわざと逃がして、残りの余った力で音を出せば、それはまるで上澄み液を採
取したかのような、お酒で言えば大吟醸のようなタッチになるのでは(偉そばって言って
ますが、実は私はお酒は飲めません)。 ‘力が抜けた’というのも同じ現象であるだろ
うし、どうもそう思えてくる。

 一つ言えるのは、‘いい音’の良さはかなりの雑音の中でも音の通りが良く、音量的
にさほど大きい必要が無いという事だ。勿論静かな所でのいい音はいくらでもウェルカ
ムに決まっているし、力を逃がして力感が一見無さそうだが、これが意外にそうでもな
い。

 というのは、‘いい音’は作業的には実は大変‘力’と‘気持ち’が込められていて、そ
れらを100%出し尽くすのではなく、少し間引いてさじ加減を加える分、気配りも含め
て100%を超えるかもしれない 力 の込もったものだということだ。でも、音を出す瞬間
には色々な部分で 力 を分散し逃がして出す。

 実に複雑な作業なんだが、力が抜けているというのは、8の力で play するのではな
く、10又はそれ以上の力で play しつつ、そこを色々な事を踏まえて少し抜きながらや
るというのがより正しい見方のように思える。 力 が抜けている音は決して非力ではな
いしサボっている訳でもない。

 なような気、しません?



                                 新    太    郎