<シリーズ “ 想い ”  その47>
         
                            2004.6.28

☆ 出来ない事を悔やむのではなく、出来ていく事を楽しんでいく。
          これ、上達の心得!

☆ もし、一回や二回で出来ない事に巡り会ったら、それは素晴らしい贈り物と思っ
  て、何度も挑戦し、回を追うごとに前回よりもよくなっている自分にニンマリしなが
  ら、更にいい感じを目指す。
          これ、上達の心得!

☆ 一〜二度でやれてしまうような事は、逆に言えば誰にでも簡単にやれてしまう事
  なんで、アマチュアの人も含めて、早々直ぐに出来ない事に取り組もうとするベー
  シックな姿勢を持っておく事。
          これ、上達の心得!

☆ 中にはようやく漕ぎ付けてやれるようになっても、少し油断するとすぐさま出来な
  なくなってしまうものもある。例えばクラッシックのような音楽。事前にフメンを練習
  するのだからやれて当たり前のように言われるジャンルがあるが、このような手
  合いの物には更に精度の高い出来上がり方を目指しておく必要がある。当然、
  どこを修正すれば更にいいかが発見された日には、かなりの喜びが来るのは間
  違いないが、それを実現に向かって工夫と練習を重ねていく!勿論出来ていく事
  を楽しむ為に!!
          これ、上達の心得!

☆ 要は何をするにも好きであればそれはやれるし、たとえ病気や怪我などで一時
  的に中断を余儀なくされても、諦めずに再開できる日を楽しみに、ぐっとこらえて
  待つ努力。
          これも、上達の心得! の 一つ

☆ とは言え、中断はほんとに辛いよね。その日に何かの用事で練習できないだけ
  でイライラしてくる時があると思えば、そんなような日は信号待ちですらむかつい
  たりするんだから、人間とはたちの悪い動物だとつくづく自分でも思うが、そんな
  自分をふと遠目から見れたりすると、「あ〜、好きなんだな!」と思える瞬間があ
  る。結局同じ事の繰り返しになるが、『 好き!!』。
          これ、上達の心得!

☆ キリストさん曰く、「隣人を愛せ!」,「右のほおをぶたれたら、左のほおを出せ」
  (あっ、反対だったっけ)。人間が人間社会を円滑にしていくための標語だが、私
  の場合は、「音楽を愛せ!」,「アップテンポがだめなら、スローで勝負!」(あっ、
  つい暴走してしまいました。失敬!)。 アンサンブルが円滑にいったらもう音楽
  はたまんないよ! (くどいけど)直ぐに出来なくてもいい!!出来るようにしてい
  けばいいのだから!!!
          
                                     
   ♪ 上達の心得! ― 新太郎版 ― ♪  でした〜!

                                   【 2004.6.28 】



     (この場をお借りして、つい自分に言い聞かせてしまった事を
     深くお詫び致します)



              ★S★H★I★N★T★A★R★O★