“ 想い ”  <その46>
         
                            2004.5.30

      ♪ スルスルっとフレーズが飛び出したり、ベースラインが Dancing を
       始めたりすると、もうこの音楽はたまらないんだ!           ♪

ただ、辛いのは初めてそんな体験をしても、しばらくするとまた、何も飛び出さない、
何の動きも無い時期が襲いかかり、こんな詰まらない音楽はないと思ってしまうことだ。

 まあ、浮き沈みという点では人生そのもので、どんな世界でも同じなんだろうけど、
次にまたあの感触を求めてしまうがゆえに、再度やって来るまでの苦労は並々ならぬ
ものになるのは間違いないし、それはそれは大変な作業になる。 それだけに「Jazz
はいいよ!」と次の世代に大推薦したいが、つい足がすくんで思い切って言い切れな
かったんだが、ここにきて言ってもいいような感覚になってきた。というのも1940年代
〜60年代初頭(Jazzの華やかなりし頃)にかけての時代と違い、今は演奏時に関わっ
てくる色々な要素の質と量が全然違うんで、より悩んで当然だし、当時のプレイヤーほ
ど 100% 自分を言い切れるスタイルはかなり難しくなっている。ベースボールで言え
ば、4割バッターが恐らくもうありえない、そんな状況で、勿論何百年に一人の大天才
が現れればその人に限り話は違ってくるだろうが、それでも4割バッターは限りなく不
可能に近い。 そうなってくると、この困難に立ち向かって、尚且つ音楽の世界の最も
素晴らしい部分である「戦いはあれども愛は決して忘れない!」、そんな究極の世界は
人類社会において理想であるだろうし、そんな時間帯をプレイをするミュージシャンと
その同時間に聴衆として集まってきている人達と、その理想的な時(間)空(間)を生み
出し共に過ごせるのなら、こんな素晴らしい社会貢献はないし、誇りを持って Play に
身を投じることができる、こう思うようになってきた。

 確かにベースラインが踊らない時は、やってる側は勿論、受け止める側も面白くない
のは当然だろうが、ベースボールで3割バッターが一流と呼ばれるのと同じで、Jazz
men も全曲いい感じでやれなくとも、極端な話3曲に一曲、いい感じでやれればいい
んじゃないかって。ただ大切な事は、あのたまらない感触に常に向かっていること!!
この姿勢がある限り Jazz の社会貢献は素晴らしいものになる、と考えている。



                     新   太   郎