“ 想い ”  <その45>
         
                            2004.4.26

      ♪  カ   ナ ♪

                   
 Jazz を演奏する時の基本的な部分での一番大切で ハズ してはいけない所、それ
は単純な4分音符もしくは8分音符のそれぞれの入り方だ。 これまで 5つのタイミン
グ の話とか、色々と色んな角度からこの手の話を数多くしてきたが、今回は‘カナ’を
振ってみた。
 
 音の入り方(微妙なタイミングの話)を言葉で仲間に説明するのは結構難しい。黒人
のプレイヤーには太古のアフリカからずっとたゆまなく流れているリズムのバリエーショ
ンが血の中に刻み込まれ受け継がれてきているので ‘こんなやつ’ と何かサンプルの
音を何でもいいから音を出せば、‘ああ〜それね’と直ぐに判り合えるが、白人にしろ
東洋人にしろ褐色系の人にしろ、残念ながら Jazz はアメリカの黒人達によって生み
出された音楽なんで、リズムに刻まれているルーツはやはりアフリカということになって、
そこで立ち上がって来る音のそれぞれのニュアンス(入り方)は共通言語として‘押さえ
て’おく必要がある。 そこで、これまで 5つのタイミング の話とかで具体的な微妙な
ズレ(実際には 幅)を説明してきたが、今回はそのズレに対して‘カナ’を振ってお互い
の意思を確認するのに役立ててはどうかという ‘ 提 案 ’という訳。

 例えば、フメン上は同じ4分音符なんだけど、この音符は「ヌー」,これも「ヌー」,これ
は「ドゥン」、とかいう感じで、仮に4分音符が 3つ 続けて並んでいる場合は「ヌー・ヌー
・ドゥン」と‘カナ’を振っておけば、もしくはそう説明すればお互い判るんじゃないかと思
うんだが、どうでしょう?
 ‘カナ’の振り方はそれぞれ個性溢れる呼び名で十分だと思うし、例えば「パッ・パッ・
パー」とか「ドゥン・ドゥン・カッ」とか、その場面にぴったりいい感じの‘表現カナ’をセッ
ティングして、バンド内でそれを確認してやれば、これは相当な一体感が得られるのは
ほぼ確約できるし、ビッグバンドのような大人数でも、これを統一しておけば迫力のあ
るサウンドになるのは間違いないだろう! 音楽、特に Jazz はこの微妙なタイミング
(ニュアンス or 入り方)が 命!!!
 で、またしても例えばだが、ぜひやってほしいのはドラマー以外の人も含めて、ドラム
のトップシンバルのシンバルレガートを(同じテンポで)「チン・チキ・チン・チキ・ ・ ・ ・
・ 」と(口で発音するかもしくは頭で思い描きながらでもいい)やるのと、「ディン・ディキ・
ディン・ディキ・ ・ ・ ・ ・ 」とやるのとはかなりの違いが出てくる。他の楽器も全て一緒
で、この‘カナ’の振り方一つで話が違ってくるということをまず認識してもらうのと、次
にどう‘カナ’を振るかというのを常に考えながら Play することの重要性を理解した上
で演奏することが、まず Jazz を演奏(合奏)する始めの第一歩のように思う。
 単純な4分音符だが何通り,何十通りとあるし、開発,開拓のしようによっては更に
何百通りにもなって、たぶんそれだけでも生涯ハッピーライフ!!

 どうですかねえ、この‘共通カナ振り’提案。 まっ、色んな方にそれも数多く試して
もらってからのことだとは思いますが、何年先でもいいから返事を頂ければ幸いです。
 後、考えられる問題としては、海外のプレイヤーと共演する時にうまくトランスレート
するか、これを機に本腰を入れてアフリカ発のリズム言葉(言語)を勉強するかだが、
アフリカ言語は恐らく膨大な数のはずだし、Jazz はその上澄み液を取ったような洗
練された音楽なので、そうそう簡単にダイレクトにアフリカを勉強していくのは難しいと
思う。勿論 多少 アフリカを勉強することは大切なことであるのは言うまでもないが、と
ことんやって、尚東洋人のいい部分が損なわれずにいられるかとなると、これまた微
妙で未知の領域。要は音符それぞれに入り方(ニュアンス)があるということ!をゲット
できれば問題はない。もしこのことが判ってしまえば‘カナ’は振る必要もないだろうし
トランスレートも必要なくなる。ただ、そこまでのアプローチとしてこのカナ提案はどうか
と。

  (もう、ええかげんシツコイよね。 まっ、そういうことで!)


                                  新   太   郎


      「なんでわざわざこの話を今しなあかんかというと・・・・・・」
      「 も う  え え 〜 ち ゅ う に  !! 」