“ 想い ”  <その44>
         
                            2004.3.28

      
            ♪  波 ♪

                   
                       

        

                       ☆
          ウイントン・ケリーは波の頂点を拾っていく!

                       ☆
       マイルス・デイビスは波乗りのコース取りが素晴らしい!!

                       ☆
    バド・パウエルはせり上がって来る波の面のみを力強く滑っていく!

                       ☆
  チャーリー・パーカーは宙返りを時々交えながら、波のせり上がり面,パイプ
  内,頂点などをどこでもかしこでも自在にアクロバット的に、更にサーフボード
  までくるくると回転させる技を組み込みながら、それでも抜群のボディバラン
  スで波乗りというより波とたわむれている!

                       ☆
       ジョン・コルトレーンは残念ながら波系のSwing感ではない
   しいて言えば巨大なタンカーが嵐の中でも平然と航行していくような感じ
                       
                       ☆
  ミルト・ジャクソン,クリフォード・ブラウン,ウエス・モンゴメリーなどはやはりウ
  イントン・ケリー属

                       ☆
  そして、スイングの王様 ソニー・クラーク はこれまでのプレイヤーとは違い、
  信じ難い波さばきで、波を利用するというより自分が進むべき道(方角)に波
  自体を誘発し、その時発生してくる微妙な変化にも見事なまでのアジャスティ
  イングでピッタリ波にフィットさせていく!!!

                       ☆
  ベースとドラムスに関してはどちらかと言えば波に乗るより波の側の場合が
  殆んどだが、それでもポール・チェンバース,ジミー・ブラントン,オスカー・ペ
  ティフォード,スコット・ラファロなどの素晴らしいプレイヤー達のほとんどは皆
  やはりウイントン・ケリー属かな


              o          o          o          o          o  
  
 ソニー・クラークを除いては波に対してどうかというSwing感。パーカーのようなアク
ロバット系は身体能力の問題があるからそう簡単にはできないし、マイルスのコース
取り系もかなりのセンスというよりパーソナリティーがないとまず不可能。となると基本
的な話はウイントン・ケリー属のようなSwing感がどうも一般的(勿論それでもかなり
のハイクオリティーである事は言うまでもない)なような気がする。

 演奏中にまず 波 を感じられるかどうかが先決問題。それさえつかめば後は乗る
だけだが、波自体が共演者と自分以外に、とにもかくにも大量の不特定要素満載な
んで、その変化を瞬時に読み取れるようになるのはナミ大抵ではない ・ ・ ・ ・ ・。
(なんちゃって)

(話を元に戻して)Swing感というものに対して漠然とではなく、例えばこのようにある
程度具体的なイメージで望んでいけばどうだろうか? たぶん、波が理解でき、ぐっと
手元に引きつけられるようになれば、後は個人個人のパーソナリティーがかなりの
オートマティカル状態で波乗りのスタイルを決定していくように思う。


                       と
この間、思ってはみたんだが・・・・・・。 まあきっと‘その心(確信)’は数年後。その時
に、あれは大正解と言ってるか,反対の大失敗と言ってるか,はたまた中(あた)らずと
も遠からずと適当な事を言ってるか、乞うご期待ってことで!!



                S  H  I  N  T  A  R  O