“ 想い ”  <その43>
         
                            

                         
                       

             ♪ 「またしても能書き?」 
            「いやいやこれはそうですね、理想論とでもいいましょうか、その〜 
            あの〜・・・・・まあ、皆さん聞いて下さい。えぇ、今回はサッと終わり
            ますから。」
            「どうでもええけど、本文短いわりにこのタイトル長いなあ〜」♪
 

                                                   【 2004.2.26 】
 


             例えば、コマの上面に、そう 30°でも 45°でもいいから扇形で芯を中心に対称
             になる位置に黄色と青色をそれぞれ塗ったとしよう。そしてそのコマを廻すとどうなる
             だろう。 黄色と青色は互いに協力しあい緑色へと変身する。

              Jazz はこれと同じような物で、それぞれのミュージシャンがそれぞれのカラーを持ち
             合わせそれを融合する。そうすると摩訶不思議、全く別の色がそこに現れ、これまで
             にない色あい(アンサンブル)を出し、聞く人を楽しませることができる。一人で色んな
             色を持ち合わせるより、一色でいい、自分の色を持ち、それぞれが持ち寄り、重ね合
             わせ、廻し合わせ、かき混ぜ合わせると、そこには純粋な新しい色あいの音楽が現
             れ、始まる。 Jazz はそんな音楽。
              アーティストであるミュージシャン一人一人が今この瞬間どうなっているかが判ってい
             れば、何の問題もない! さらに、一瞬衝突的な色を落とそうが、少し時間が経つこと
             で不思議な色あいが誕生するなら、それはもう‘待ってました’もの!自分自身が緑色
             だからといってそればかりに固執する必要もなければ落胆する必要もない。そこに一
             時的に,気まぐれ的に手にした絵の具(例えば理論を無視した‘ひらめき’的音又はフ
             レーズ)を投じるという勇気と挑戦をしていく前進的なエネルギーがあれば、それも又
             素晴らしい楽しみ方だし、恐れる事(要素)などどこにもないのだ。勿論、生涯緑色を
             貫くもよし!
             ‘色’を売り物にし、‘色’で楽しもうとする限り、音楽はどこまでも純粋で限りがない。


            「いや〜、いつもながらシビれるねえ〜」
            「ようそんだけ‘ふけれる’なあ。普通、恥ずかしいやろ! タイトルが長
             なったからといって、シメ も延ばすっちゅう作戦なん?これって」
            「いや別にその、あの・・・・・、ただこうなれたらいいなあというだけのことで。
            ・ ・ ・ ・ ・ ・」


                                                         shintaro