“ 想い ”  <その42>
         
                            2004.1.29.

      
♪ 能書き♪
今回は日頃の調子のいい‘能書き’を最近のやつから 垂れ てみようかなと。 まあ
ほんと、軽く受け流して下さい。

 ○ 響かせるポイント(サウンドさせるポイント)は、楽器の単独に響いている感じより
   も、アンサンブルで自分の音がよく聞こえている感じよりも、心に響く状態を最優先
   にするのが一番いい!

 ○ 気持ち(ハート)を込めるって、どうするんですかって? 
   そんなもんは音楽を純粋に愛していれば後は人生が教えてくれるよ。

 ○ リズムをよくするにはどうすればいいんですかって?
   練習すればいいんじゃない?!!
   そもそもとんでもないリズム音痴の人ってあんまりいないもの。でもうまくリズムの
   取れない人は沢山いる。仮にクラッシックでもポップスでも、もちろん Jazz でもいい、
   指揮者をやって指揮棒を振ってハシる人や遅れる人は殆んどいないだろう。でも
   楽器を Play したり、唄ったりとなるとリズムの取れない人が多くなってくるのは、単
   に‘唄う’という作業を行ったり、楽器を操る状態に‘楽しむ’という項目が虫ばまれ、
   その為に全体がつかめず余裕が無いためにリズムが崩れていくというのがよくある
   パターン。 だから、まずは手慣れること! 手慣れるコツは、あせらない。

 ○ 音色とフレーズの関係はとても重要な事! 自身(オリジナル)の音楽は、自身の
   音色から始まり、自身のフレーズへと実を結ぶ。 自分だけにしかない‘音色’、大
   切にしたいもんだ。

 ○ できるかな? と思っている間はできない。  できる! と思った瞬間、たぶんでき
   なくなっている。 ‘できるかな?’と‘できる!’の間なんだな。

 ○ プレイヤーとは触媒のようなもの。音楽という素材に触れることによって‘音’を発し
   始める。
   
 ○ 技術は‘盗む’ものではなく、‘築き上げる’もの。

 ○ JAZZは‘空間絵画’。
   別々のアーティストが好きな絵筆で自由奔放に空間に自分を表現するが、そのライ
   ンは決して交わる(衝突する)ことなく、空間を演出する。


 ‘能書き’を浴びせてしまった方へ、この場をお借りしてお詫び申し上げます。 それにし
てもよくもまあ、できもしないでこんなことよく言えるよなあ。 我ながら情けな〜〜〜い!
‘能書き’はどうでもいいから、早くいい音楽をした〜〜〜〜〜〜〜い!!!


                                     
                                    新   太   郎