“ 想い ”  <その41>
         
                            2003.12.30.

      
♪ ころころ ちょこまか ♪
これまで、ずっ〜〜〜と(我ながら)日本人の‘移り気’はどうにかならないものかと
頭を悩ませてきたのだが、ここにきて もしや これって これからの時代にとっては
結構イケるスタイルかもしれないんじゃないかと考えが変わってきた。

 前世紀までは確固たる伝統(歴史)の強気な迫力に押され気味で、ころころ,ちょこ
まかと代わる代わる熱し易く冷め易い日本人気質はどうも世界(特に北米,ヨーロッ
パ)からバカにされ、自分達も「そうかも」とつい思いそぶりをしてしまう所があったが、
世紀が変わって流れが変わったというか、これまでの伝統を棚上げして新しい何か
という‘模索の時期’に入ってきているように思う。それも我々のお家芸である「ころこ
ろ,ちょこまか」がこの時代にピッタリ合ってくるように思えてならないのだ。さらに、お
家芸の「細かい」がしっかりとした足腰を形成してくれて、尚の事、振る舞いに自由さと
豊かさを加味しているようで、ひるまずこのボディバランスを保ちながら思い描き、実
行と試行錯誤を繰り返し、その次にやって来るであろう新しい何かの一つの集大成を
夢見て進む事はそう悪い人生ではないように思える。

 ホント、これまで家電製品,車,ファッション etc.それはもう言い尽くすだけでも相当
な時間がかかるような項目数だが、よくもまあこれほどまでに姿(デザイン)を変えられ
たものだなあと、今にして思えば呆れるほどの「感心」もの!
 海外の特に車(ヨーロッパ車)を中心とする‘こだわり文化’は頑固一徹、変化は実に
緩やかで、そこに気品と歴史を重んじているスタイルなのだが、世界を掻き回すではな
いが、この日本人の‘移り気’という特異体質から発生してくる豊富なアイデアのバリエ
ーションの数々。そして近年それらを支えていくだけのち密な細かな気配りからくる精
度が加わり、ぼちぼちこの Feeling を盾に世界と勝負に出ても悪くないどころか、これ
からしばらくの今世紀にどうもいい足場とアイデンティティーを所有し、いずれはそこで
の質感も世界に恥じないクォリティーで通用していきそうな気がする。
 スポーツの分野でさえサッカー,ベースボールなどを見ていて、あのち密さは海外の
身体能力からくるパワーに十分対抗できているし、芸術の分野でもその他の分野でも
、精度の高さを土台に ころころ 変わる豊富なアイデアを世界に提供できれば、人類
の歴史にもかなり貢献できるだろうし、これならこれまでのような批判もなくなり、一時的
かもしれないが世界から頼りにされるくらいにまでなることも十分想像できる。

 後は諦めない忍耐力と気楽な遊び心で仕上げってとこかな。そう簡単ではないが、10
年,20年というスパンとしてはかなりの楽しみものかも!!


                                      新  太  郎