“ 想い ”  <その40>
         
                            2003.10.30.

      ♪ ク ラ ッ シ ッ ク   と   ジ ャ ズ ♪
ピアニスト T 氏の、正直彼の突発的,夢心地的な短絡系発想によるアイデアという
より、試みによる「ジャズメンのクラッシック挑戦」という機会を持つことができた。勿論
始まったばかりだし終わるのはいつになるやら判らない、そんな気長で無責任な挑戦
なんだが、最初 フメン を頂いた時点では何の興味も持てず、初めてのリハーサルま
で個人練習すらやらなかったのだが、音を出し合った瞬間、何かピキ〜〜〜ン と脳
裏を走るものがあり、おまけにたった3人でフルオーケストラを振り分けてやってしま
おうという本職のクラッシックプレイヤーでは思いもつかないことをやり始め、これまで
殆んど手付かずの分野で素人的な好き嫌いが存在する程度でしか触れてなかったク
ラッシックだが、すでに何もかもがパーフェクトに Set Up されたシナリオを、自然な状
態で演ずることがこれほど困難で時間のかかる作業とは思わなかった。

 Jazz の即興演奏もそう簡単ではない、やはり自然に演奏することがどれほど難しい
か。もうかれこれ20数年やってきているというのに未だに満足とはほど遠い。できそう
な時期もちょくちょくやっては来るのだが、すぐさま逃げられてまた袋小路に逆戻り。そ
んな繰り返しが未だに続いている。しかし、今回たったの1曲の組曲だがクラッシック
に触れて、全く作業が異なるものの大変な労力と試行錯誤に経験と多数のアイデア等、
とてつもない時間の必要性を痛感し改めてというより初めて クラッシック の素晴らし
さ、そして難しさを体験することができた。
 たった1音の処理に何百回も費やし、たった一節のフレーズに恐らく何年も掛けなけ
ればならない。一言で 気が遠くなる! がしかし、わずかずつだが他人にはその変化
は恐らく感じることができないだろうが、どこか自分自身の中で成長感を感じ、その喜
び菌でまたその気になってしまって、あ〜でもない,こ〜でもないと始まりを繰り返して
しまうあたり、体の方はかなり気に入っているようだ。
 芸術の世界はどうやらこの喜び菌が主悪の根源で、アーティストは金にもならず、力
持ちにもなれず、たださほど世間様に迷惑をかけないという点だけの人生を送ってしま
うのかもしれない。

 長年 Jazz をやってきてほぼ一通り色々なサウンドに首を突っ込み,試し,挑み,あ
きらめ、再度気を取り直して結局は自身そのものを目指して歩み始め、(ひるまず)続
けていっているのだが、どうも目に見える成長というものからはもうかなり遠ざかってし
まって、何をやってもそうそう喜び感を持つことがない。だが、今回初めてクラッシック
に触れて久し振りに初心者の喜び(日々の成長)を味わうことができた。これも10年,
20年先になると、結局今の自分にとっての Jazz と同じで、中々喜び感を味わうことは
ぐっと少なくなってしまうのだろうが、、せっかく音楽という世界に巡り会い、こんな人生を
おっぱじめてしまって、でも音楽の世界で2大アートと言われる Jazz と クラッシック の
両方に首を突っ込めるなんて、思いもしなかったが、思いの他これが苦しくそして楽しい
とは。

 こんな自己満足が、ある時その時代の人々に気に入られ、すでにもう‘あちら’に行っ
てしまっているかもしれないが、何がしかの結果(評価)が得られるようなら、もうこんな
素晴らしく有難い人生はないだろう。って、すぐさまいい気になるこの芸術家かつ軟弱
タイプ! やっぱり知らぬが仏なのかなあというより、知らずにいようみたいな自分を
つい感じてしまうのだが、もう一つ言わせてもらうと、クラッシックに触れてみて、クラッ 
シックは大好きになった!! が、さらに Jazzを愛してしまった!!!
(ちょっとキザに決め過ぎたかなあ?)


                                      新  太  郎