< シリーズ “想い”  その39>

♪ あ   っ ♪
【2003.9.27】
 真実は一瞬 パッ と垣間見えてすぐさま ふた が閉じられ見られなくなる。どこや
らの二人組みじゃないが日頃  なんでだろう? と思っていても中々それがどういうもの
なのか判らないことってよくあると思うんだが、何かの拍子に あっそうか と思えたり、
そうかもと感じられたり、でも時の流れは否応なしに次から次へと移り変わっていくもん
だから一瞬判ったようなつもりでも、また確信がもてなくてやっぱり なんでだろう? と
堂堂巡りが再開してしまう。非常に難しいことだが一瞬垣間見えたりしたら、踏ん張っ
てでもそれにしがみ付いて凝視しないと捕り逃してしまう。だから  あっ  と思ったら少々
立ち止まってでもその隙間から見えるものを少しでも長く見られるようにしていかないと
また堂堂巡りにご案内されてしまう。
 昔のマンガ(スーパージェッター:知ってる人は間違いなく同世代)にあったタイムス
トッパーのようなものがあれば非常に便利なんだが、何かいい方法ないかなあ〜。
今はこれがかなり上位の課題なんだな。

 もっとも、本当の真実は何かと言えば、その一瞬のみに該当する一瞬の真実は存
在するが、つぎの瞬間それはもう過去のものになっているという、極端な話だがぶっ
ちゃけそれこそが真実。となるとその一瞬の切り口に対応できる真実を見出し、それ
を表現するなんてそうそう簡単にはできっこない! じゃ〜どうすればいい?  悲しい
かな愚かな人間のレベルではやはり過去の出来事からその真意,真実を学び、遅れ
ばせながら次にやって来るであろう一瞬一瞬に謙虚に対応するしかないのだ。だから
少しでも 「あっ」 と思えた時は 0.1 秒でもいいから長くそれを見つめ,学び,習得して
いきたい。でもマジでその 0.1 秒 長く見つめることを保つことがどれほど難しいか! 
ただでさえ 「あっ」 と思うことすら中々ない上に サッ と通り過ぎてしまうのだから、こん
な性質(たち)の悪いやつはない。でもその悪いやつから学ぶしかないし・・・・・。あ〜 
考えれば考えるほど無駄なんだろうが、ほんと、いい方法ないかなあ〜。 

 ちまたで言う天才の何が凄いかって、それは何の根拠も無く,大した経験も無いの
に見事にその一瞬に対応してしまう所。ただし、経験もなく,確証もなく,それでいて対
応できる状態を永遠にやれ続けれるかと言うとそうではない。できないようになると殆
んどの場合、リカバリーできないのも天才の特徴の一つなんだが、自分自身が生まれ
てこの方、世界を アッ 言わせるようなことができていない人は全て残念ながら地道
に努力あるのみで、過去の財産,経験を活用していくしかないということになる。だから
「あっ」 ときた時に学んでおかないといけないということになるんだな、悔しいかな50年
に1人以外は皆。

 情報交換という実に素晴らしい、今ではメールでもってやり取りも格段にできるように
なっている現在の人間社会で、この手法を取り入れ相互に学んでいけば、より効率の
いい学習ができそうなんだが、Art の世界は残念ながらその情報交換に意味を持たな
い。実に自力的,個人的,個性的な世界なんで、喉のつまり、人の話はあくまで参考程
度にしかならず、結局 「あっ」 を待つしかない。
 楽しみとの背中合わせなんだろう、それも判ってはいるが、やっぱりついつい愚痴を
こぼしたり、他力願いを望んでしまったり、アーティストはいいように言えばナイーブなん
だが、早い話、やっぱひ弱いよなあ。  

 「自分だけの方法を見つけることによって、自分だけの世界が始まってくる。」

気を取り直して、「あっ?」,「あっ!」を追いかけるとするか。



                      新   太   郎