< シリーズ “想い”  その 4 >


【 2000.4.28 】

 あまり好きではないが、政治家のスピ−チが今の世の中の状況に対して、行われるのと同じように、音楽の基本である即興演奏もその時代、その場所、そこにいる人々、物、空気、におい、光などできる限り全てのものに注意を傾け、その中で自分の個性とFitした音、フレ−ズ(スピ-チ)を奏でるのが望ましい。
 それに人間社会、地球、宇宙などわかっている範囲の歴史も見逃してはいけない。
すばらしいJAZZの即興演奏家は皆、この辺の同調感がとてもすばらしい。
 ある意味である瞬間瞬間、自分自身を空虚にし、その空間に体をあずけてしまえば結構近いものが訪れることまではわかった。
 でも、とりあえずは  ”あずける” 経験をもっと積まないと次が見えてこないと本能的に思ってしまっているので、もうしばらくは ”あずける” しかないようだ。
 基本とはいえ仲々手強い! バッハやモ−ツアルト、ビルエバンスなんかもこの基本の話をさらりと言い切っている。今だからその意味もようやく実感できるようになってきたが、実行との隔たりは並大抵じゃない!!                               



♪ 音楽の基本である即興演奏 ♪

                   
                    新 太 郎