< シリーズ “想い”  その38>

♪ 今  後  の ♪
【2003.8.30】
 近頃 JAZZ界 全体のことを考えてみたり、今後の JAZZ界 、いや、音楽界そのも
のをちらりと考えてみることが時々あるのだが、まず JAZZ界 のことを思うと、何かの
拍子で話題になり、これはとばかりにレコード会社がそのプレイヤー(タレント)と契約
し、会社の後押しで一気に時の人となり、ライブハウス,コンサート,イベント,テレビ,
雑誌 etc.とそれはそれはとんでもなく忙しい事態になり超売れっ子になるのはいいの
だが、ここ20年ほどを顧みてみると、そのほとんどが5年も経てばまったく人気がなく
なり、仕事もなくなり、おまけにこれが最も見てられなくなるほどかわいそうなことなこと
なんだが才能までなくなってしまうという繰り返しになってしまっている。草分けの大先
輩の時代には無かった現象だが、近年は見事なまでに一気にスターダムに駆け上が
り5年後は そう言えば全然聞かないねえ とばかりに忘れられた頃のうわさ程度に
しかなってこないのだ。

 ぶっちゃけた話 Jazzメン が20代でド肝を抜くようなサウンドを出すのは50年に1人
くらいの大天才でないかぎり無理(マイルスでさえあの4部作を録音したのが30才の
時)。残念ながらそう簡単な音楽ではない。なのに日本のここ20年の一気にスターに
なって消えていったプレイヤー(及びシンガー)の殆んどが20代。近年では10代まで
がレコード会社のターゲットになってしまっている。

 10代から20代いっぱいはかなり厳しいくらいの下積みを経て、その実力と才能を
併せ持ったプレイヤーが本当のスターであるハズ! この考え方が古いという意見は
数年前まではあったがここにきてやはりスターは こうあるべき という‘しばり’は必要
だと思う。
 どんな世界にしろ、その世界が花ひらくにはスターは欠かせない。でも他の分野から
見て、ただ若いからとかというだけでは 到底 もちっこないし、見抜かれるし、なめら
れるし、見下される。 JAZZ界はそうなってしまっていいのだろうか?

 現在、日本でも40代50代を中心に海外でプレーしても何の見劣りもしない優れたプ
レイヤーが各パートに数人ずつだが、いる。本当はこんなミュージシャンがもっとスター
扱い、もしくはそれに準ずる地位を与えられるべきなのにレコード会社は見向きもしな
い。それでいて若い才能を切り花のように花瓶に飾り付け、枯れるとまた次に触手を
伸ばすという、そんなような悪循環を感じずにはいられない。
 ミュージシャンサイドから言わせてもらえれば、若い間に足腰をもっと鍛えてから Big
になっていってほしいし、そうすることによって他の分野からの支持も頂き地位も確立
され、長きに渡って Jazz界 が社会に大なり小なりいい貢献をしていくと思うのだが・・
・・・。

 それとついでにレコード会社の人達の考え方ももう少し長期にわたってのスパンで音
楽界全体を考えていくべきだろう。 ポップスやロックその他、ジャズとクラッシック音楽
以外は正直売れなければ何の意味もない。 だがクラッシックとジャズは今をもってして
も相変わらず音楽の最先端を切り開きさまざまな可能性を世の人々に提供し続けてい
る。そしてポップスを始めとする売れていくらという分野はこれらの多大な恩恵を受ける
ことによって始めてあり得るのだから。
 いわば研究費というか、クラッシックとジャズは違った観点から評価すべきで、今後の
音楽界の根っこ及び土壌作りという考え方でもって製作を手掛けていってほしい。 そう
すれば 売れないと上司に叱られる という恐怖の図式もなくなり、いい仕事が出来、い
い作品が世に登場し、しいては真のスターの誕生ということになってくると思うのだが。




                                    新   太   郎