< シリーズ “想い”  その36>

♪ 5 つ  の  タ イ ミ ン グ ♪
【2003.6.29】
 もうかれこれ20年近く前になるだろうか、New York に在住の頃、結構親しくして
もらってた黒人のベテランドラマーに、‘ON’の中には5つのタイミングがあるんだよ、
と言われて えっ そんな点のような瞬間の中に5つもタイミングがあるの? と面食
らったことがある。要はカウントが 1.2.3.4.パン ときた時のこの‘パン’の中に
5つのタイミングがあるという話なんだけど、当時ただただ呆れるばかりで何の感触
も無ければ何の理解も無いという、まったくの皆無状態で 聞かなければ良かった 
と思うほどだったんだけど、時間が経つにつれ、そうかそう言えば前のり後のりとか
言うよなあと思って、そこから少しずつ違いがあるのかもしれないと思い始めてきて、
(ちなみに英語で前のりは Rush 、後のりは Behind ) 第一感 真ん中の Just と含
めて三つのタイミングは頭の中では理解できたんだけど、5つとなると どう 仕分け
すればいいのやら。そんな中、15年ほど前になるだろうかピアニストのケニー・バロ
ン氏にこのことを尋ね、限界前,やや前,Just,やや後ろ,限界後ろ という5つの区
分けを説明してもらい、近年ではベースはTOP(限界前)を打ち、ドラマーがその後を
フォローするというのが4Beatのリズムの基本形になっていると説明されたんだが、
じゃ〜 TOP って どこ? というのが全然判らなくて、10年くらい前になるだろうか、
ドラマーのアル・フォスター氏と共演のチャンスがあった時に、当時関西の全てのプレ
イヤーと噛み合わないほど思いっきり‘前’で Beat を刻んでプレイしていたんだが、
演奏終了後に、「自分の Beat は前過ぎないか?」と尋ねた所、「ロン・カーターはもっ
と‘前’でやってるよ。レイ・ブラウンなんかは考えられないくらいもっと‘前’だ!」と聞
かされ、びっくりした思い出がある。

 結局の所、細かい話になるといくらでも尽きないことになってくるのでアメリカらしい
三分割(大,中,小)というのか、大(きく)前,小(さく)前,真ん中,小(さく)後ろ,大(
きく)後ろ、と真ん中を中心に話を持ってきているのが判ってきて、日本人のリズム感
のなさは、ただこの仕分けの感覚の習慣がこれまでほぼ全くなかっただけのことで、
決して遺伝的にどうしようもないリズム音痴ではないということも判ってきた。勿論小さ
い頃からより多くのバリエーションに富んだリズムに親しんできている黒人達との差は
すぐに埋まるもんでもないし、追いつくのも恐らく難しいだろうが、タイムさえ無視せず
にこの 5つのタイミング の話を考慮に入れながらやっていけば、スウイング感は決
してやれないことでもないように思う。

 もっとも、そうでも思ってやっていかないと話にならないし、楽しみも無くなってしまう
というのが本音で、そう思ってやっていっているんだけど、ここ数年の自分の中の感触
で一番あてにならない話だけど、自分の中のリズムのバリエーションが増えていくに連
れ少し楽しみになってきているように思える。


 どうか気のせいでありませんように!! ( God bless me !!! )


S H I N T A R O