< シリーズ “想い”  その34>

♪ 野茂英雄投手メジャー通算100勝おめでとう!! ♪
【2003.4.21】
 野茂投手を見てていつも思うのは、ベースボールも数字じゃないんだなあ〜って思
えること。勿論これまでに両リーグを通じて、2回の最多奪三振と2回のノーヒット・ノー
ランを演じてはいるが打たれるシーンも少なくない。なのに‘魅力’がある。日本人だか
らという理由は当然あるだろうが、そんなごひいきのないドジャースベンチが球団の一
番手として選ぶだろうか? やはりそこには数字じゃない何かがあるからこそであり、
ベースボールそのものが点数のゲームじゃないことを物語っているのだろうが、それ
でもこれほどハートにくる選手はメジャー広しと言えどもそんなにいないんじゃないだ
ろうか? 例えばイチロー選手のような天才プレイヤーに魅力があるのは当然なこと
だが、正直言ってメジャーに9年もいて年齢もそこそこになってきたし、何より生命線
であるストレートの球速が9年前に比べてかなり遅くなっている。それでもこれほどま
でにやれて信頼を勝ち取っている野茂投手の喉のつまりもっともいい所は、ズバリ
忍耐力なんだろうなあ。そこからくる(メジャーの)パワーに立ち向かう工夫とハートが
観客を球場に運ばせる一番の理由だろうし、またそれを評価して足を運ぶ地域の人
達のハートのコミュニケーションがたまらないのはここ日本にいてちょっと悔しくもあり
うらやましい所でもあるが、周りの環境は二番目以降の事柄として、まず最初に、
いかに工夫するかということがどれほど大切なことか、 こんなようなことを野茂投手
の100勝から教わったような気がする。

 一度はどの球団からもお声がかからないようなつらい経験も必要なんだろうなあ。
う〜ん、人生きびしい〜〜〜っ!! でも、それに立ち向かっていければもっとうれし
いかなあって、 HIDEO NOMO を見てるとそう思えてくる。


 野茂投手 100勝 おめでとう!!



                    新    太    郎