< シリーズ “想い”  その33>

♪ 親   近   感 ♪
【2003.3.31】
 プレイヤーにとって、曲の中での色々な シカケ(アレンジメント)を考え、模索し、実
際に思い通りに本番でうまくいくことを、つい全編(全曲)望んでしまうのだが、その日
のライブの全てのシカケを満足にやれてしまうより、できれば一つ,二つ(三つでもい
い)、ほんの少し うまく いかないくらいの方が、より音楽的(人間的)に思えてならな
いのだが、これって個人的な甘えなのかなあ?

 Jazzは即興が‘売り’なんだし、うまくいかなかった一つ,二つのそれぞれの瞬間を
持ち前の即興でとっさにフォローするようなアレンジメント(←かっこよく言えばですが)
でやりくりして次につなげていくような心持ちでステージに望み、実際に そう やれた
時のライブの方がより充実感を感じるんだが、思うにこれは人間は機械じゃないという
証しの意味での親近感みたいなのが出てくるから、そうなんじゃないかとここんとこ思
うようになって、そうなればすごくリラックスしてやれるし、たぶん(これは希望的期待か
もしれないが)オーディエンスの側も全て完璧より ちょこちょこ っとミスが見えるくら
いの方が、聞いていて,見ていて、楽しいんじゃないかなあ、って。

 もし、発信する側と受信する側がこのポイントで同じ思いなら、ミュージシャンはとても
いい職業ということになるんだが、プレイヤーの皆さん、オーディエンスの皆さん、どう
でしょう?

 もっともマイルスバンドのように、一度のリハーサルも持たずに、本番一発であれくら
いやれてしまうのは理想だけど、これをするには‘授かった’級のめぐり逢わせがない
とあそこまでできないんだな。模索を許してくれる、又は望まれる時代がまたやって来
ると、再び‘本番一発やっつけ音楽’が台頭してくる可能性もあるだろうが、ミュージシ
ャンにとって時代の力(パワー)というものは他の何よりももっとも影響を受けるものだ
し、音楽が時代を反映するというのもそれが‘ゆえ’だし、ミュージシャンはそれから逃
れることもできないし、理想はやはり‘その時代の音楽’だし。
 
 そんなようなことを照らし合わせたりしてくると、最近の「一つ,二つのミスはいいん
じゃない? それよりもっと大事なことが・・・・・」みたいな感覚になってしまって。
 甘えじゃないと思うんだがなあ〜。

 と言いながらやはり完璧を目指してはいきますけどね、できっこないよ,人間だも〜
ん!と開き直るこの人間らしさ!! でしょうー!!やっぱ   (関東風)
                       やわなっ!!どうみても  (関西風)

 (勢い)ええ〜い、これでいいのだ〜〜〜!!!(バカボンのパパ風)



 新   太   郎