< シリーズ “想い”  その32>

♪ 法 律   と   ミ ュ ー ジ シ ャ ン ♪
【2003.2.25】
 私は法律家ではない(そりゃそうだ!)。だからよくありがちな素人解釈による思い
にぶち当たっている。

 ある日の事、どうしてこう自分は判断が遅く、ましてや行動に移すのにこんなにも
時間がかかってしまうのだろう? と当たり前のような疑問に巡り会ってしまった。
日頃はなるべく自分をかえりみ、反省が必要な時は反省し、改善する所は改善でき
るよう  努めて  きたつもりなんだが、なぜか今回は100%自分だけの問題ではな
いように思えてならない。だから今回、ぶつぶつと書き始めているのだが、問題点は
比較対称物にも多少の問題はあるものの、どう見ても西洋諸国に比べて日本人全
体の平均的レベルから言って、‘とろい’ような気がしてならない,だ。 では、なぜな
のか? 直感的にスパッと出てきた仮定は、もしかしてこれって法律が影響している
のでは? であった。

 例えばアメリカは何か事件があってそれまでの基準(法律)では取り締まれないよ
うな状態でも、すぐに議会に提出され、検討され、かなり早い時間で新しいルールが
組み込まれ、時代の流れに少しでも遅れを最小限に食い止められるよう判断をし行
動をとる。新しい何かが出てくればやはりなるべく早い時間で対応していく。ヨーロッ
パ諸国も同様だ。 だが、日本はどうだろう? ストーカー問題や経済問題,環境問
題 etc. 、すべてが‘ゆるやか’なのだ。 ではなぜ、こんなに差し迫っている問題にも
かかわらず ‘ゆるやか’に という手法を採るのだろう? (ここで素人的発想)それ
は、日本の場合、何かとこれまでの条例や法律をすぐに代えられないような法律に
なってしまっている為なんじゃないだろうか?
  もし、実際、憲法級の “最高定め” の文章にそのようなすぐにルールを代えられな
いような記述があるなら(いや、恐らくあるに違いない! と疑り深い所が実に素人臭
い)、そこから末端に至る全ての改善行動に支障が出、その為に回りくどくなったり、
ためらったり、‘ゆるやか’になってしまうという、世界的に類い稀な国民的レベルの習
慣がついてきてしまい、その結果、私を含む大多数の日本人の行動力と判断が “と
 ろく” なってしまうという世にも大胆な仮定をやらかしてしまった!?!?

 でも(低い IQ だが)どう考えてみても日本の憲法はアメリカが作ったものを突き付け
られ、それを戦後50年以上に渡って実行してきているのだから根強く ‘とろい’体質
になってしまっている可能性はどう見ても高いと思えてならない。アメリカにしろ西洋諸
国は皆、恐らく殆んどが自国の憲法は自分達の中から導き出され、自分達で判断し
て、柔軟に変化させてきている。だが日本の憲法はそれができない。この‘もとじめ’
が変わらないのだから、目先を代えるか,回りくどくするかの手法になり、何度も言う
が、‘とろく’なってくるという図式。

 どうでしょう皆さん、視点を変えればこう考えられなくもないと思いませんか?

 どうも 直感的に出てきたもの というものは中々捨て難く、むしろ正当性を主張した
くなってしまうので こう くだくだ言ってしまっているのも事実なんだが、もし我々日本
人がこの法律によって大変遅れをとってしまっているとなれば、アメリカには大変な謝
罪と保障、それに根本的な見直しを要求しすぐに実行してもらうよう要請しなくてはい
けなくなる。(実際すぐにやってほしい!!日本国内からはもうできなくなってしまって
いるから)もしそうなれば、きっとこの私自身のとろい判断と行動力は根底から改善さ
れ、仲間(プレイヤー及び音楽関係者)や我々に接してくださっている聴衆の皆さんに
もきっとスピーディーでより進歩的な音楽を(よしんば理想的に改善されたとして)楽し
んで頂けるんではないか、と仮定ではあるが、行き着いたという訳。


長々と おつきあい ありがとうございました。



                                   新   太   郎