< シリーズ “想い”  その31>

♪ 哲学  :  宗教  :  音楽 ♪
【2003.1.29】
 なんでこうも昔のプレイヤーって‘いい’んだろう(国内外を問わず)。今の時代と
違ってギスギスしたものが今ほどあまりない時代の影響を受けて成長していっている
のは大変大きな要素なんだろうが、いくつかある大きな要素の一つに、‘テレビが無
かった’ というのもあるんじゃないだろうか。同じ目にするにしても、歩きながらとか、
動きの中での目にするものと、ただじっと座って動き回らないブラウン管の中に映し
出されるものを目にするのとでは ‘想像と創造’ にやはり大きな影響を及ぼしている
ように思えてならない。

 と、若かりし頃、思ったというか ‘キメつけ’ てしまってた時期があったなあ、とつい
この間思い出してしまった。
 なんでこう若い頃というのは キメつけ たがるんだろう? やっぱ人間って何かに結わ
え付けておかないと流されてしまうという不安感が相当強いのかなあ?きっとそうだろ
うなあ、最近の自分を見てもそれがうなずけて、ちょっと悔しいというか、やっぱ人間だ
なあっていうか、情けないっていうか、「キメつけるのはもうやめよう!」とまたキメつけ
てしまっているんだからどうしようもない。皆さんはどうですか? こんな経験に思い当た
る方はいませんか?

 「学ぶことは大事、反省する所は反省して」、なんて一見聞こえはいいが、立ちの悪い
視点から見ればキメつけ(結わいつけ)の罠にまんまと引っかかってしまっているように
思えてならない、とまた、キメつけてしまうんですが、これって個人的な問題なんでしょう
かねぇ? もうこうなってくるとカウンセラーが必要なんだろうが、見て頂くカウンセラーも
こんな患者だと何を言っても「それはキメつけでしょう!」とか言って切り返されるばかり
で、やり込めてしまって共に患者になってしまうのが目に浮かんでくる。

 キメつけ − 思い込み − 宗教 − 哲学 、何かつながってるような(あっ また
キメつけようとしている。あ〜 もうどうしようもな〜い、助けてくれ〜〜)。長い歴史の中
で多くのものを学んできた集大成としてあるのは判っているが、もし、哲学や宗教が思
い込みやキメつけの延長上にあるものだとしたら、哲学や宗教も結構庶民的だよなあ。
となると、いきなり短絡的だが、こんな崇高な分野ですらそうなんだから、きっと全ての
世界(分野)は庶民的で、‘庶民’こそ全てってことになるぞー。 そうか、やっぱ、全て
分け隔てはないんだ、そうなんだ、な〜んだ、そうか〜・ ・ ・ ・ ・


 ― ‘ 性【サガ】 ’からは逃れようがない ―   というのが良くわかった!!!

       

              哲学  :  宗教  :  音楽  
 訂 正  : ♪  ―――――――――――――――  ♪
     【 2003.1.30 】
                    性【サガ】          

                                              新 太 郎