< シリーズ “想い”  その30>

♪ あ〜〜  てぇ〜へんだ〜〜〜 ♪
【 2002.12.30】
 レベルに関係なく、いい評価をもらった時の必ずといっていいパターンがある。 それは、その日 又は その時期の音楽に対する ハイ(High)な向上心を持ってやれ た日、もしくはやれる時期。 これはどうやら‘やる気ベクトル’が上向きになっている 時にいい評価を頂いているようだ。技術や経験は年々どんどん向上しているにもかか わらず、やっぱり、さっぱりな日や時期なのか、うんともすんとも言ってくれない、それど ころか声をける必要性がないと思われるような接し方をされたり、あまりいい顔をして くれなかったり、まったくもって人(聴衆)の反応というものは自分自身を映し出す鏡そ のものだ。その鏡を感じ取り、次に進んで行かなきゃいけないのは百も承知なんだが、 このベクトルの上向き状態をキープするのがどれほど大変なことか! ま〜とは言え、 大変なのは自分だけではなく全員、それもミュージシャンに限らずアーティスト全員が 同様なんで、この世界はこういうものと思ってやっていくしかないのも判っているんだが たまにやる気はあれど先走り過ぎてダメな時とか、やたら力が入り過ぎたり、その原因 が判るようなら治まるのだが、やる気はいい感じ、先走りすることもなく、力が入り過ぎでもなく、体調が悪いわけでもなく、でもダメな日がある。 ・ ・ ・ これがくやしい!!
で、こんな時に限って共演者のせいにしたり、騒がしい環境にけちを付けたり、つい自    分の中で  して  しまうのだが、これは違うんだな。いい感じでやれる時は周りがどう であれ絶対にいいし、動じないというか逆にこちらから波動を送れるというか、何かに つけうまくいくんだなこれが。

 ところがどっこい、これがまたうまくいく時は学ぶものが殆んどないとくる。つまり、そ んな日(時期)は喜びはあれど成長の糧になり得るものはないのだ。例えれば、お腹が 減ってきてしまって力が入らず、ベクトルも上向きになってこない。すると今度はあまり いい評価は頂けなくなる。でもこんな日々は悔しいかな学ぶことが山ほどやって来て、 お腹も満タン。その結果しばらく経つとベクトルも上向きになりいい評価を頂けるように なる、という具合。

 「山あり谷あり」、ずっーとこのくり返しなんだろうなあ。先輩達を見てもそうだし、一流 のプレイヤーもそうだし、これまでの自分もそうだし、このサイクルは相当絶対的なもん だな、こりゃ。まさに、エンドレス。 あ〜〜 てぇ〜 へんだ〜〜〜                                    


                                                 新   太   郎