< シリーズ “想い”  その29>

♪ ド  ラ  ム ♪
【 2002.11.28】
 遺憾ながら、残念ながら、くやしいかなやっぱりドラムかな? Jazz の他の音楽と のもっとも違う所は何と言っても 4beat のリズムに特に現れるスウイング感。この 極上の最後の仕上げをするのはやはりどうやら ドラム のようだ。

 長年、ポール・チェンバースやロン・カーター,ジョージ・デュェビベ(←カタカナは 困ったもんだ),つい先だって亡くなられたレイ・ブラウンなど、リズムの面で特に素 晴らしい感覚を持ち合わせたベースプレイヤーにならい(を信じ)バンドのスウイング 感を‘になう’のはベースであると位置付けてやってきたのだが、ここにきて8〜9割 は確かにそう言えても最後の1〜2割の仕上げはやはりドラマーにゆだねざるをえ ないと思うようになってきた。あのポール・チェンバースでさえ(例えばマイルスバンド で)フィリー・ジョーが参加してきたとたん、バンドは感動的なスウイング感に満ちあふ れてくるのだ。

   ニューヨークにいた頃、ドラマーの仕事は‘ Keep Swinging ’だとよく耳にした。確か にそうだろうが、じゃ〜ベースはどうなる?と疑問を持ち、ベースも Keep Swinging を つかさどると決めつけてやってきたのだが、さすがに歴史が言わせる格言はダテじゃ なかった。 ベースの主な仕事はタイムキープにオーケストレーションの進行、これに Swing 感を加えさらにメロディーまでと、40〜50年前に比べて確かにベースプレイ ヤーの楽しみは年々増えてきた。しかしここにきて、Swing 感に関してはある程度‘お さめ’なくてはいけないようだ。やはり極上のドラマーにはかなわない。勿論これで増え ていく楽しみがなくなった訳ではないが、長年信じてやってきてただけに、この一時期 少しつらい所だ。 でも逆に、最後の仕上げをやってくれるドラマーには心から最大級 の賛辞を送りたい。

                                             S H I N T A R O