< シリーズ “想い”  その 3 >

♪  昨今  ♪
【 2000.3.28 】

 昨今、何かというともうそれはいい もうそうじゃなくて、そりゃないだろうとか、次は何なんだ、いやその向こうにあるものは・・・。何かにつけ せからしい!! 日本人はもともとこういう体質なんだろうか? 自分でもさっきのフレ−ズがたまによぎったりすると、とてもむなしくなってしまう。
 バ−チャルという言葉をよく耳にする位だから何でもかんでも疑似体験で、すでに何もかもわかったかのように次から次へと関心事を移していく。いつしかそんな繰り返しがくせになってしまって体の中や心の中にこびりつき、気がつくと自分自身が次々に考えを巡らし、先に先へとPointをずらしてしまう思考パタ−ンに悲しくなってしまう時がある。確かに時代は進み考え方も進む、もしくは変化していくだろう。
 人間は一定の場所に長時間Stayするとストレスが発生して移動を求める。これはしかたない!
 が、この、次から次へと先に先へと考え方や答えを求めるのはやっぱりおかしい!!  急ぐ気持ちはわかるが頭には足はついていない。今、一番思わなければならないのは、  頭のすぐ下にくっついている自分自身のパ−ツなんじゃないのかな。力がないのに力をイメ−ジしたり、スピ−ドがないのにスピ−ドをイメ−ジしたり、結局できもしないことを思ってしまう。
それは実力がないから、首から下がついてきてないから、増々頭の中だけで前に進んでいるかのような気分になっていたいんじゃないかな。日本人(自分も含めて)に今もっとも乏しいのは 実力! 確かな力! これがあって初めてイメ−ジが成立し、だれもが夢のように思い描いている先へと進んでいけるんじゃないかな

                               

                                                 

                   
                    新 太 郎