< シリーズ “想い”  その28>

♪ し ー ち ゃ ん ♪
【 2002.10.12 】
 しーちゃん、ほんま ありがとう!! 数多くのライブを一緒にやれたことを‘誇り’ に思うし、私の人生の中で大変大きな財産であると共に“宝”です。

 もう十何年前になるか、今でもはっきり覚えています。初めて共演させてもらった 夜のド頭の一曲目、「 Don't Get Around Much Anymore 」。出だしのあのフレーズ のなんと気持ちのいいことか。聞き惚れてしまって 3 小節目の Kick を忘れてしま いました。一流のピアニストとやった時のあの喜びの世界が今ここにあるではない か! 8分音符のあのメロディー感,トーン,スペース,シンプルさ、日本のプレイ ヤーにもやれることを証明してくれたようなライブでしたね。勿論、その後の何十回 に及ぶライブ、どれ一つをとってもつまらない日はありませんでした。姿勢,学習法, 気取らずありのままの自然体,サウンドに対する厳しさ、常に参考になりました。

 初めて知り合ってから20年、夫の 田井中 福司 氏 とのトリオのライブは、もう言 葉ではいい表せません。長年さすがに夫婦と思わせる二人のコンビネーションに びっくりし、嫉妬し、孤独感を抱きましたが、ここ一,二年、ようやく微力ながら自分 なりに二人の間に割り込む方法を見つけ試した所、しーちゃんはすぐさま素直に受 け入れてくれましたね。演奏中でしたが、あの時の、あの瞬間の、あの感触が忘れ られません。なにせ18年の苦労がわずかにせよ、報われた瞬間でしたから。

   今年の3月の東京でのライブが最後になってしまいましたが、この日も‘割り込み 試運転’を受け入れてくれたばかりか、二人(ご夫婦)の思いとは少し違うにせよ、 これもまた一つの演奏で、その日に来て頂いていた聴衆、並びに関係者の方々に 大いに楽しんでもらえたのを、すごく嬉しく忘れずにはいられません。でも、これが 最後になるなんて ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 今後は、夫 田井中 福司 氏とは さらに密な関係で、共に人生を歩んでいくと思 うけど、私の中でのしーちゃんの存在は絶大です。 しーちゃん、ほんと、お疲れさ ん!! こんなへたっぴなベースを僅かでも受け入れてくれたことを心から感謝して います。 ゆっくり休んで下さい。 フクちゃんのことは遠い所からですが、ちゃんと見 張っときます。 じゃ〜ね!


    ―  横 山  静 子    2002.8.12  N.Y.にて永眠  ―


S H I N T A R O