< シリーズ “想い”  その27>

♪ ピ  ッ  チ ♪
【 2002.9.29】
 スコット・ラファロ にしろ ポール・チェンバース にしろ、あれほど ピッチ が定まら ないのに、逆に じ〜〜〜ん ときてしまうのは何故なんだろう?

 おおかたの黒人のプレイヤーはリズムには優れているがハーモニーにはやや難 がある。ピアノや管楽器が程よいピッチで演奏している所に、ややピッチにルーズ な Bass Player が加わることによってクラッシックやそれまでにあった音楽とは少し 違った‘響き’になってくることによって、根幹とも言えるJAZZの‘におい(かおり)’が 出てくる重要な要素になっているのだが、多くのピッチにルーズな Bass Player に比 べて、さほどずれかたも変わらないにもかかわらず、彼らのサウンドには何故か引 き込まれてしまう。一方、白人の Bass Player に多く見られる見事なまでのピッチの 良さでこの 4Beat の音楽をやると、どうもかおってこない。‘うまさ’は感じても‘よさ’ は最初に感じてこないのだ。(で、東洋人はどうかというと、まだそこまで達していな のが現状。だからこうやってくどくど言ってるのだが)
 もっとも スコッティー や チェンバー は若くして現れたまぎれもない天才。でも若い がゆえに技術がまだまだついてきていなかったり確立されていなかったり、それは 経験年齢に比例するので、特にピッチは如実に表面に表れやすい項目なので、彼 らにピッチを要求するのは時期早々なのは判っている。でも、それにしても同じくらい ルーズなピッチでプレイする他の Bass Player に比べて、これほど逆に‘いい’と思っ てしまうのは何なんだろう?
 ハートがあれば全てを超える。言うのは簡単! 器用でもダメ、センスがあっても ダメ。逆に不器用でも、ハートさえあればこれがいい感じになってくるんだなあ。

 ある程度ピッチが定まらなくても、いやむしろ定まらない方がかおってくると思い込 んでた時期があって、少しルーズにしてみたりしてきたのだが、どうも‘ねらっての ルーズ’は通用しないことが判ってきて、今度は偶発的な所でやり始めたんだが、 これもまた少し違って、どうやら根本的に センス に基づくメロディー感と若さゆえの お許しもあるかもしれないが、人間であるがゆえの微妙な ズレ の場合は、‘定まら なくても尚いい’状態になるように思えてきた。
 若さは遥か昔に通り過ぎてしまったので、残るはメロディー感をあれこれ見つめて いっているのだが、‘ミス がむしろいい’状態には中々なってこないばかりか、ほど 遠い。ただ稀に偶然へんてこりんなピッチが妙に引き付ける(勿論いい感じで)ことも あるのだが、偶然を追求する訳にもいかないので、ただひたすら自身のメロディー 感を模索しているのだが、それにしてもいいよなあ、彼らのピッチの定まらなさ。ああ なってしまえばこわいもの無しだもん。ああ〜〜、うらやましい!!

                
                                                 新   太   郎