< シリーズ “想い”  その26>

♪ ダイエット と ジャズ♪
【 2002.8.29】
 ここ 7,8 年、自身にも大変かかわりのあるダイエット法をずっーと色々な人,メ ディア,雑誌 etc. から接してきているのだが、よくもまあこれほどまでの方法,手段 があるものだなあと感心する。
 炭水化物を控えれば肉を食っても痩せれるとか、これこれを控えればいくら食って もいいとか、スペシャルジュースに、そうそう電気的なもの。恐らくアメリカ人がこの世 界の需要供給元だと思われるが、そんなアメリカでごく最近、研究をしている博士同 士で言い争いが始まり、決着が着くのに何年も費やしそうな状況にまでなってきたそ うだ。しかし、ここにきて全体を見渡してみると、どうやら出口(解答)が見えてきたよ うに思える。それは、あれこれ策をこうじるより ヒタヒタ と昔ながらのトレーニングで 体 と 心 を鍛えながらシェイプアップを目指すのが、喉のつまり、健康にも一番いい! ということのようだ。ただし、時間がかかる! まっ、そこに意味もあるということなん だろうが、人間誰しも楽をして さっさ と手際よく、短時間でやり遂げたい。でも そこ にリバウンドの恐怖(リスク)が発生し、あれこれ手を変え品を変えている間にどんどん 時間が経ち、なら始めから昔ながらの戦法を取っておくのが一番良かったという具合。 短絡的だが、要はいい方法など無いのだということになってくる。つまり、真正面から 立ち向かうしかないという、世にも悲しい解答のみが、レジのレシートのようにズズズ ズズーと徐々に出てきて、「ハイ、いくら」のように出て来るかのようにジワジワと言い 切られるような感じかなあ?
 デジタルの世界とは違い、人間の内面が関与してくるようなことに関しては単純な ‘昔ながら’が結局はいいんだろうなあ。となると JAZZ も間違いなくこのパターンに なってしまう。 ああ〜 やっぱしというか何というか ・・・・・ 。 仕方ない、諦めて時 間を掛けていくとするか。まいったなあ〜、もういい年になるというのに ・ ・ ・ 。  それにしても シェイプアップは大変だ〜!!(真実の心の叫び)

                                                  新   太   郎