< シリーズ “想い”  その25>

♪ 何故か 妙に スイングする事態 ♪
【 2002.7.29】
 このような体験をした人は何人位いるのだろう? 以外に多いかもしれないし、 以外に少ないかもしれない。あまりに“妙”なために Talk の対象に価しないせいか、 この件に関して Talk したこともなければ、このお題で話掛けられたこともない。でも これは間違いなく“Swing”しているのだ。
 バンドのメンバーの誰かが、「 こんな曲はどう? 知ってる?」 とか言って演奏を スタートすると、まず 100% うまくいかない。これは一人がその曲を知っていて他の 人がその曲をあまり良く知らずに始めたケース。まれに‘うまくいった’場合もあるだ ろうが、ライブで楽しむ分には結構いけても、たまたま録音していて聞き返してみると 殆んどの場合、聞いて楽しめる状態じゃあない。(これがまたこんな時ほど落ち込む んだなあ) もっともライブは録音のためではなく、その場のためのものだから楽しけ ればいいのだが、ミュージシャンにとって後で何度も何度も楽しめる方がやや勝って いるように思う。で、これに比べて、プレイヤー以外の誰かによるリクエストで、バンド の全員がほぼ同じ位“よく覚えていない”状態で引くに引けずに演奏をスタートさせた 時、やってる間は、「 進行はどうだったっけ?」 とか 「サイズはここを繰り返すんだっ たかなあ?」 とか 「一体どんなリズムでやればいいんだろう?」 とか、こんなような 具合で全員が試し合い、聞き合って、それでも何だかんだ最後まで到達して、「 今 のは何かよく判らなかったなあ 」 とか 「 ああ 難しかった」 とか思って、こんなような 時の演奏を後で聞き返してみると、これが 実に 妙に 一体感があり、先(次)の 展開も見えてこないためにやけに引き込まれ、以外や以外、バンド全体が生き物の ように動き回り、リズム面も含め、何故かよくスイングしているのだ。黒人のプレイ ヤーがリズムの面で大変有利なために‘スイング’するケースが多くなるのは当然の ことなのだが、彼らと言えどもスイングしない日はどうやってもスイングしない。要する に噛み合っていない日(曲)はさっぱりスイングしないのだ。ところが、リズム面で不利 でも‘見つめ合い’‘聞き合って’やっていくと、これが実に妙にスイングしてくる。実際 のプレー中は何がなんだかよくわからないんだが。

どうですか?こんなような経験、したことありますか? もっとも初心者の方々には 申し訳ないが、スイングはあり得ない。最低でも三ケタ以上のレパートリー(スタン ダード)があり、演奏経験もかなり豊富でないと‘スイング’はしてこない(プロ,アマは 関係なく)。 以外に多いのか、やはり少ないのか、この話が判る人は恐らくその時 スイングしてしまっていただろうし、思い当たる人は少なくともかなりいい‘線’までいっ ているのは間違いない。 ただ、ここで大事なことは、うる覚えなんだが創造性を第一 に踏まえながら‘これ(曲)’をどうにかしようとすることで、一度うまくいったからと言っ てうる覚えに頼ってしまうとこれまた絶対にスイングしない。肝心なのは、その(あの) 時の感じをできるだけ思い出し、それを元に自分なりの集中感を模索していくことなん だろうが。

 さ〜てと、いったい何人位の人がこんな経験をしてるんだろう?この話に心当たりの ある人の数、 知りたいなあ〜!!


新   太   郎