コード(Cord)の概念であるスケールの奇数番、すなわち Root(1st ),3rd,5th, 7th(or Major 7th)は基本コードの骨子で、この 4和音 で立派な field をいつも提 供してくれているのだが、奇数番にはまだ 7 以上の連中がいくつかいて、それを Tension Note と我々ミュージシャンは日頃呼んでいる。 そこで今回は私なりの彼 らの特徴をそれぞれ言い表してみることにした。色々と反論,訂正はあるでしょうが、 もし、「これはどうだ!」というようなのがあれば、ぜひ BBS の方にでも書き込んで 頂けると大変嬉しい次第です。

< シリーズ “想い”  その24>

♪ それぞれの Tension Note ♪
【 2002.6.29】
では、別段理由もないが、順にいってみよう。

 ♭9th (フラットナインス)・・・・・・・・・・・ ナルシスト

  9th (ナインス)・・・・・・・・・・・・・・・・・・ きざな野郎

 ♯9th (シャープナインス)・・・・・・・・・・ ‘きざ’が行き過ぎたちょっと品のないでしゃばり

 11th (イレブンス)・・・・・・・・・・・・・・・・ 知性派。
                         自分自身をもっともよく知る賢者のような
                         タイプで、次の♯11th とは同時に存在は
                         難しいものの対称的な位置での“対”のよ
                         うな関係。

 ♯11th (シャープイレブンス)・・・・・・・ 11th に比べて、自分は一番かっこいいと
                         思い込んでいるが、実は単にはみ出してい
                         るのを自分自身まったく気付いていない自
                         己中タイプ。
                         もっとも Root に対して Motion of 5th で
                         言えば、正反対に位置するので思い上がる
                         気持ちもわからないではないが。

 ♭13th (フラットサーティーンス)・・・・ 悪いやつではないが、非常に内気でもの静
                         かなタイプ。その点、時に逆上することもあ
                         る。

 13th (サーティーンス)・・・・・・・・・・・・ Tension Note の中でもっとも温厚でやさ
                         しいやつ。


  へん?


 ― 新   太   郎 ―