< シリーズ “想い”  その23>

♪ 次に行くとするか!♪
【 2002.5.28 】

 前回の“想い”その 22 で Jazz の一番難しい所の話をしたが、では二番目は何に なるか? それは‘いい感じ’になること(当たり前!)。 とはいえ、こうなるのがどれ ほど大変な事か。 では三番目はどうか? ここからは個人の持っている個性によっ て最終的に登りつめる時に、南側から登頂するのか北側から登頂するのかのように 人それぞれになってくるだろう。私自身は“リラックス”と思っているが。
 とにもかくにも登頂後の Keep が難しい話が前回だったが、そう!スポーツで言え ば、連覇する、もしくは、していくことが大変なのと話は殆んど似ている。
 スポーツの世界でも連覇系の記録のほとんどがかなり以前であるように、音楽の いい感じを Keep するのも近年(現在)ほど難しくなってきている。それだけにあのよ うな話をしてしまったのだが、もっとも難しいもの ― それが最終目標かどうかは又 別の話かもしれない ― が何であるかが判ってしまえば話は単純になってくる。(自 分にとって)一つ手前,もう一つ手前,さらにもう一つと、どんどんたぐっていって、今 現在の自分の段階の所までくれば、もう‘迷う’という項目がなくなってしまうのだ。要 するに最後の砦(壁)さえ判ってしまえばもうこっちのもの! (こう単純に短絡的に思 えてしまう私にちと問題があるのかもしれないが) ここで最後が判ってる世界なんて つまんないと思う人は大きな誤り!! 現実に具体的にどのような音楽に自分がたど り着いていくのか、これほど判らないものはないからだ。いつ,どこで(真の)自分らし さを発見し、そこから大きく展開していくか、ほんとに判らないのだ。 Jazz という音楽 は特にそれがいつやって来るのかが判らないだけにプレイヤーにとってはそこが楽し みでもあるのだが。

  さてと、一つ荷物が減った所で、次に行くとするか!!

                                                   新   太   郎