< シリーズ “想い”  その22>

♪ Jazz の 一番難しい所 ♪
【 2002.4.28】
 Jazzの一番難しい所は恐らく‘いい感じを保っていく’ことだろう。 ただでさえ、
いい感じになるまでに相当な労力と時間を費やしているのにもかかわらず、やっと
いい感じが訪れたとしても、長くて3年が限度なんじゃないだろうか? 勿論、この
現象をもたらす理由は鼻っからはっきりしている。それは、Jazz という音楽そのも
のが“生きもの”だからだ。毎日、美味いものを食ってても マンネリ は必ず訪れ、
美味いものも美味く思えなくなってくるのと同じように、‘生きていく’ということは常
に変化を伴なうことで、正直二度と同じ所に戻ることすらないような気がする。
「 やった! これだ!!」 と感触,感覚の中で思えても、来る日も 来る日も同じ
やり方で音楽ができる保障はどこにもない。その年齢,その期間に応じて、その
瞬間もっとも理想的なアプローチは必ず存在するだろう。が、しかし、必ずしもそれ
が、一生を通じて正解ではないのだ。基本的なことを学んでいる段階で、突如いい
音楽をやれる時があるかと思えば、もう身に付けるものは無いと思える段階に到達
していても、いい音楽(Jazz)ができるとは限らない。たとえいつの日か輝きに溢れる
音楽ができるようになったとしても、これまでの話の通り長続きはしない。 いつも
オギャーと生まれたばかりの感覚で再出発できれば言うことはないのだが、次に訪
れる(輝き)のがいつになるのやら。 いつまで経っても保障がないのだ。 私が第三
者なら、「 そこが Jazz のいいところなんだよ!」 とか言って、励まし,慰め,評価し,
称えるだろう。でも当事者はそうはいかない。 「 あっ〜 いいなぁ〜」 と思っても、あ
くる日には既に少しおかしくなっていたり、色々考えたところで必ずいい結果が得られ
るとは言えない、むしろ考えない方がこれまでの経験上いいのは判っているので何も
考えないでいると、1ヶ月間ほどとてもいい感じでやれたり、でもそれを、「 あっ〜 
いいなぁ〜」 と振り返ってしまうともうその瞬間、その‘いい感じ’とは「 さよ〜なら〜」。 
全く持ってなんというやつなんだろう Jazz っていうやつは。こいつの素性を見事に表し
表している報告書はないものだろうか? まっ、それが誰にも判らないからこうやって
多くのプレイヤーが現れ,人生を賭け,命(魂)を燃やし,挑戦していくのだろうが。



      新  太  郎