< シリーズ “想い”  その21>

♪ 間 持 ち の い い 音♪
【 2002.3.29 】

 よくよく(思い返して)考えてみるとこのコーナー、ベースに対しての話を殆んどして いないんですよね。そこで今回はちょっぴりだけど 同志 であるベーシストに少し目を 向けてみたいと思います。

 ベースを教えていて一番多い質問が ベースのソロ について。 「 ベースソロって どうすればいいんですか?」 このフレーズはこれまで 何べん 聞いてきただろうか? (大体)ピアノはポジション(腕の位置)を移動させずに出せる音は、両手で 12×2 +α 。 うまくやれば 30コ 近い音がポジション移動なくして出せる。管楽器に至っ てはトロンボーンを除いて、指先と口だけで、ほぼ全ての音が出せる。ドラムは他 のどんな楽器よりも 1 秒間に出せる音の量がぶっちぎり。でもベースはポジション 移動をしないと、たった 3つ の音しか出せない上に、1秒間に出せる音も他の楽器 に比べてはるかに少ない。勿論練習をすれば多少増量にはなってはくるのだが、 比べると たかだか ・・・・・・。 だから誰もがベースをやり始めて絶対にぶち当たる 壁がこの‘ベースのソロ’なのだ。
 音域は低い,音数に限界がある,早弾きしたところで映えない,1 オクターブの スケールを身に付けるのにも、ピアノで 1週間かかるとしたら、それと同じクオリティ にするのにベースでは恐らく 1年 はかかると思う。もうこうなったらハンディーなんて もんじゃな〜い!(あぁ〜 だんだん熱くなってきたゾー!) おまけに伴奏をしてもら えるケースもうんと少ないし、アップテンポで ソロ なんて、もう アップ アップ (失礼し ました! & あ〜 思いっきり冷めてしまった。我ながら熱し易く冷め易い)。
(話を戻そう) が、しかし、ベースプレイヤーの諸君、決して諦めてはいけなーい!!
(再燃) 確かに管楽器やピアノのように流暢なソロは望めないが、自己表現,主張 をするのに、とても強い味方があるのだ!! それは ‘ 間持ちのいい音 ’
 この間持ちのいい音を発見していくことで、音数の少なさを かなり カバーできる!
例えば、Stella By Starlight のテーマの始めの2つめの A の音(KeyはB♭)。相当 遅いテンポでも 1小節半 は何もしなくてもいい感じを保つことができる。単に A の音 を鳴らせたり、他の道筋を通って A にたどり着き、そこでフレーズを終了しても中々 間が持たない。それどころか、寂しさが立ち込め、ついバタバタと何の意味もない音 を次から次へと弾いていってしまう悪循環に陥ってしまうだけ。最初に B♭が短く鳴っ て、次にこの A の音がくると、摩訶不思議、まさに魔法にかかったのごとく いいス ペースが生まれ、感じはいいわ,楽だわ,何かにつけていいこと尽くめ。 Bag's Gro- ove の立ち上がりの2音目の C の音(Keyは F )も同じ類い。短く F の音が出た後 に来るこの C が、なんと間持ちのいいことか!! このような現象は実は結構あって 、特に名曲と言われるメロディーは殆んどこの不思議状態のオンパレードになってい る(だから名曲なんだけど)。 そこで、そんな一つ一つのフレーズ(メロディー)から 自分の気に入った節回しの音を見つけていくことで、とても豊な ソロ ,自己表現,主 張に結び付いて行くという訳。
 それでも尚、ベースのソロは正直難しい。 けれども、楽しみは‘ここから’本当に始 まっていくと思う。 
ベースプレイヤーの諸君、Enjoy playing Bass , And ビバー  “ 間持ちのいい音 ” !!!                                 

                                                 S H I N T A R O