< シリーズ “想い”  その20>

♪ 低下というより退化 ♪
【 2002.2.26 】

 最近のデジタルの技術は本当に目覚しいものがある。我々(と言っても殆んど私 個人的だが)ミュージシャンサイドの話で言えば、早く曲集のソフトが出てくれないか と待ち望んでいる。 今、アレンジャーを中心にかなり多数のミュージシャンが譜面 作成ソフトでもって次々と自分の譜面を打ち込んでいっているが、やはり一番広範 囲に喜ばれるのが曲集であることは間違いないだろう。クリック一つでどんな Key にもなり、プリントアウトのサイズも自由自在。入力によっては音までも聞ける。勿論 ピアノ,ラッパ,サックス etc.楽器の Choice にもかなりのバリエーションがあって、 テンポも色々。もう決して夢じゃないような気がするのだが。

 少し話が代わるが、ミュージシャンが勉強していくにあたって最も重要な学習方が コピー! シーケンサーを駆使すればベースの音だけを取り出したり、各楽器の音 だけを取り出したりして、後はそのフレージングをコピーして練習する。ベース音なん かは結構ほかの楽器とかぶって判りづらいケースが多々あるので、この方法なら恐 らく楽勝間違いなし。何度も何度も聞く手間が省ける。
 我々の世代ではカセットテープにレコードからコピー(今で言うダウンロード)して、 それを何十回となく聞き返して一つ一つの音を拾っていったものだ(ベース音は特に 難しい!)。でも今では MD でもっていちいち巻き戻す必要もなく、瞬時に知りたい 箇所をチェックし、その場面のフレーズを取っていく。少し前だとこれが CD から直接 いわゆる巻き戻しをして何度も聞いてコピーをしていっていただろう。ただ、我々の 諸先輩方の世代ではカセットテープもなく、直接レコード針を板に落とし、それこそ すり切れるまで何度も聞き返したと聞いている、どんどん音の状態が悪くなっていく というのに。
 だが、もう一つ上の大先輩の世代になるとこれがレコードもないのだ。あるには あるが中々手に入らないばかりか、LP 一枚が月給の三分の一ほどの高額な為に 正直、手が出ないのだ。そこで取った方法が、洋画(映画)を見に行き、その中で 使われている曲を約2時間前後のストーリーの中で、何回か出て来る間に覚え切っ て、映画館を出たらすぐさま楽器を手にして学んでいったそうだ。もう頭が下がるとし か言いようがない!ほんと よく 覚えてられるものだ、信じられない!!フメンを見 ながらでも中々覚えられないのに、フメンなんか無いから仕方ないのだろうが、メモ れるその能力はやはり凄いとしか言いようがない。それを多くのプレイヤーがやって いたと言うのだから昔の人は本当に素晴らしい。音とハートが直結するのもうなずけ る。 でも、こんなので驚いていてはいけない。海の向こう、遥か昔のヨーロッパでは、 何と、即興演奏終了後に サッサッサッ とハネペンでもって、先ほどやった音楽の一 部始終を全て紙に書き記したというのだから、もう、一体どうなっとんじゃい〜?!! と叫びたくなる。
 こうなると器材の発達はプレイヤーにとって、有り難いものかどうか完全に疑問に なってくる。 と言いつつも曲集のソフトを求めているのだから、ほんと、正直、正真 正銘の現代版ミュージシャンというか、ああ〜情けない!! きっと低下したという より、退化してしまったんだろうなあ、有り難い能力。 ああ〜 もったいない!!! もったいない!!!
                                                     
                                                    新  太  郎