< シリーズ “想い”  その198>

  ♪   大    は    じ       ♪
【2017.6.26】
 先月、川崎の某ホールでクラシックの曲を弾く機会があった。ものは、シューベルトで、ピアノ伴奏でのコントラバスによる独奏曲(アルペジョーネという楽器のためのソナタ)。結果は散々なものになった。実に 大はじ そのものだった。屈辱をあっさり通り越してる領域なんで、ただただその状況を受け入れるしかなかった。

   ここ数年、一曲に一年程度の時間をかけて、じっくりと小品ものを手掛けてきた。もちろん弓弾きのレベルアップのためなんだが、今回の人前でのお披露目に関してはこれまでと少し違う感触、出来栄え感があったので、内心は結構期待していたんだが、フタを開けてみると冒頭で述べたような大失態という散々な結果を招き、大反省を余儀なくさせられた。この結果からはっきりしたこと、それはJazz Menにはクラシックは到底程遠い、ということだ。
   以前からキースやチック、ウイントン・マルサリスやロン・カーターなどのプレイヤーのプレイズクラシックというのを聞いてきて、これほどのジャズ界の巨匠クラスでも、いまいちクラシック感に欠ける感じを抱いていたが、今回の大失態で自分もまた同様にそのムード感が欠落しているのがよ〜くわかった。ちなみではあるが逆のケースでクラシック界の巨匠クラスのプレイヤーがJazzをやった所で、所詮おちゃらけ程度であるのは事実。なので、長年Jazzをやって来てる人種が数年間ちょろっと取り組んだ所で、根本(音の出し方)が違うのでどう転んでもやれるはずがない。スポーツで言うなら球技と格闘技ほどの違いかもしれない。それくらいJazzとクラシックは違うものなんだということが、よ〜〜くわかった!


   今回、大はじをかいた後に思ったことは、チンタラとクラシックをやってても何の意味もない。クラシックのどの部分を学んでいくのかを明確にしなければ、いくらやっても無駄骨。弓に関しては、ピッチの精度とタッチのバリエーションの根本的な見直し。歌の進め方(緩急、多くのバリエーションに裏付けられた安定感、歯切れ感、楽器に逆らわない自然な流れ感、etc.)など。
   今後もまだまだ日を追う毎にこの日の反省点、改善点が出て来るだろうが、それら全てを盛り込んでの習得を目指してやるしかない。


   にしても、還暦をすっかり過ぎて、まるでピカピカの一年生がやらかしそうな特大の大はじをかくことになろうとは。ぶっちゃけ、即退場を言い渡されたような状況なんだから、たまったもんじゃない。でも、こんな大はじをかけた事を今はすごく感謝している。こんなにも大量の課題がやってきたのだから。
   慌てた所で身にならないのも知ってるし、じっくりコツコツとサボることなく課題をこなすべく、継続していくしかない。まずは根本的な音作りからなんだろうが、これまた色々やっいく中で徐々に出来上がって来る話なんで、考えられるトレーニングと試行錯誤をやっいくことになるだろう。

    いつものことながら小はじは日常的にかきまくっている。だが、やはり大はじは全くものが違う!これぞ正に絵に描いたようなハイリスク・ハイリターン。精神面は相当きついものになるが、たまの大はじはとても大切なのかもしれない。 ああ〜、当日マジで穴があったら入りたかった。いや、ホンマ!



                           新     太     郎