< シリーズ “想い”  その19>

♪ 食生活 と ミュージシャン♪
【 2002.1.27 】

 「昔の人はこい〜!」 とか 「最近のやつは軟弱だ!」 とか、JAZZの世界のプレイ ヤーを見ても 1960 年代位までに出てきた人は本当にこい〜人ばかり。もっとも 濃くないと出てこれない社会の作り,体制があったのだから仕方ないんだが、今でも こい〜ものor人 は求められていると思うのだが、これが出てこない。 レコード会社 のプロデューサーがこい〜もの(Musician)は ダメ だと判断しているのだろうか? 確かにこい〜もの(人)はマニアックというのが現代(在)の感覚であることはある程 度うなずけるのだが、ぼちぼちそんなやつの出番があってもよさそうなものだと思う のだが、こう思うのは私ぐらいなもんなんだろうか?

 3年前スイスのモントルージャズフェスティバルに8日間の出演で現地のホテルに 滞在した時に、毎朝パン,牛乳,ジュース,玉子,ハム(メチャ美味い!),それにそ の日の一品がいくつか(これだと一品とは言わないか)用意されて、それらを食って 一日が始まっていくのだが、ハムはごきげん!牛乳も日本より濃いし、ジュースは 絶対に100%果汁、その日の一品もそこそこ味わいがあって、とりあえずは言う事 はないのだが、一つ言えばパンが 〜かたい!! 朝から全開で噛みにいかないと とてもじゃないが噛み切れないのだ。 初日、二日目と少し噛み疲れて朝食が終わる 頃にはもうパワーがなくて、出番までに又睡眠を取らないといけないほど。しかしこれ が、五日目,六日目辺りから朝の噛み稽古が目覚めの一品になってきて、一日が 実に気分良くスタートするようになってきて、何か時差ボケが取れてくるのもあるが、 頭の中が妙にスッキリしてきて、帰る頃にはこのパンがないとやっていけないような 気分にまでなってしまったのだ。 で、日本に帰ってきてからも体が求めるものだから、 さっそくパン屋さんに走って一番硬いパンを買ってきたのだが、これが軟弱だった!

 昔の食生活は‘あく’のきついものありーの、きついもの(例えばアルコール類、焼 酎とか)ありーの、硬いもの、より素材に近いもの、とにもかくにもハード系。こんなも のをずっーと生まれた時から食って、そこから生まれてくる感覚はどう考えてみても 自動的に‘こい〜’ものになってしまうような気がする。

 現代、特に我々の世代はチキンラーメンなんかが出てきてインスタントものを食った り、レトルト、外食と誰もかれもが同じようなものを食っているが故に人と違った、いわ ゆる個性的な感覚が芽生えてこないんじゃないかと思えてならないのだが、この話を 聞いて(あっ 読んでか)皆さんはどう思われますか?

 悔しいかな硬いパンは食べられない、勿論自分で作ればいいのだろうが、そこまで はとついついなってしまうし、素材に近いものも昔に比べると随分少ないし、付き合い 上とかでついつい外食になってくるし、だからと言ってもう‘きつい’ものは体が受け付 けないし。これからの世代の連中に一度この食生活と感覚の関係を身を持って証明 して見せてもらえるといいのだが ・・・・・・ 。
 あくまで想像だが、素材に近いものとか、あくのきついものは、個性をそのまま増幅 する作用があるのではないかと思えてならない。  それにしても、硬いパン、食べたいなあ〜!どなたかそんなパン屋さん、御存じあ〜 りませんか?
             
                                                     新  太  郎