< シリーズ “想い”  その 2 >

♪  教え  ♪
【 2000.2.28 】

 

昨日 New York で活躍している私の一番弟子(初めて教えたという意)の北川潔君からTELをもらった。今年の始めに弦を入手できないかと手紙を書いていたのだが約2ケ月、色々な所を走り回ってくれて、現時点の情報をわざわざN.Yからかけてきてくれた。
 彼を教えたのはもう20年以上前のこと。でもこうやって私の為にかけずり回ってくれているのにめちゃくちゃ喜びを感じたんだけど電話を切った後でふと「あいつに教えたことって何かなあ?」と思った時に教えたことが一つも思い出せず、よくよく考えてみれば、すでに基本もできていたし、ただ彼の質問や悩みに答えた程度。 とその時「教え」って何だろう? 「教える」って何なんだろう? と横切った。
私もこれまで何人もの生徒に出会い何だかんだ「教え」てきた一人だけど、どう考えてみても基本的なこと以外「教える」ものはないはず!
 基本的な事は1年もあれば大体伝えきれるのに、何年も何年も見てきている、もしくは見てきた生徒が未だに何かを思ってつきあいが絶えない。
 ぶっちゃけた話、師匠の感覚は弟子には役立たない。にもかかわらず、師匠から何を学ぶかというと何なんだろうって。不思議な世界だと思いませんか?
  (少しボ−とした後で、直感的に思ったのが)、先生と生徒、師匠と弟子、そこにある何かを学ぶというキズナこそが漠然とした「教え」そのものじゃないかって。とすると「教え」とは先生にあたる人のそれまでの経験と個性から生まれる感覚から色々な話のやりとりの中でもっとも純粋にこうだと思われることを常に言い続けることが「教える」ってことかな?と。
 つまり人間が人間として心から心へ純粋に送る言葉、感覚を常に言い続けることこそが ”教え”っていうことかな?   そう思うと金八先生のお言葉は全て つじつま が合ってくる!

    <(ウ−)金八先生 バンザイ!!!

    (<:クレッシェンド 音楽用語でだんだん強くの意味)

                               

                   
                    新 太 郎