< シリーズ “想い”  その197>

  ♪   戦   い       ♪
【2017.5.26】
 Jazz は戦い。  それは、対共演者との戦いでもあるが、何と言っても  自分  との戦い。演奏時はピリピリで壮絶極まりない。とは言え、現場は一見 peaceful だ。それはやはり共演者とのブレンド、フィット、アンサンブルを目指しているからだが、いいブレンドやいいフィット感、いいアンサンブルをするために絶対的に必要なのが、自分と戦う姿勢 !   ところが、近年の若い世代のプレイヤーを見ていると、そんな自分との戦いはほぼ感じられない。

  自分にウソはつかず、自分を甘やかさず、自分といかに向き合うか。そして、今この瞬間出したい音は何かを無心でチョイスし、音を出す瞬間には共演者とのブレンドをふまえたタッチ、タイム、フィーリング等をギリギリまで自問自答し、音をつぐんでいくという即興演奏たるものの次元には、ほど遠いものを痛切に感じてしまう。彼らは実に和気あいあいなのだ。
 Peaceful であることはもちろん重要ではあるが、本当の平和ってようやく掴むものではないだろうか。戦い尽くした結果、訪れる peaceful な空気こそ人々の心にじ〜んと浸透していく即興演奏の目指すところであると思うんだか、この目指すところがブレたり、それこそなかったり、取り違えたり、適当であったりすると、日頃見る若い世代のあり様のようになってしまう。若いプレイヤー全員ではないが、あまりにも単に和気あいあい系が多過ぎる。即興演奏はそうではないし、Jazzもまたそうではない。

  自問自答が出来るようになるにはそれ相当の下地が当然必要だ。楽器の技術、曲の把握、タイムの見つめ方、メロディーの唄い方、フレージングの色々、経験、、、ああ?〜全くもってキリがないが、こんな項目を時間をかけて取り組むことで発生してくる淘汰された自分なりの基準が不可欠。そしてこの基準に照らし合わせて瞬間瞬間の自問自答という戦いを経てようやく、音として世に出現する。これが即興演奏、特にJazzのサウンドメイクだ。
  こんな自身の基準を持つまでにはとても長い時間を費やす。なので、音楽をやってて楽しい感は若い頃は中々持てないもんだが、だからと言って手軽なところで何もかもを済ませ、後は同世代同士で和気あいあいとやろうとする姿に、彼らの将来を疑わざるを得ない。Jazzは特に若い頃は歯をくいしばるくらいの方が全然いい。
  やってる側が単に楽しいだけの音楽ほど、聞いてる側はつまらなくなる。見た目が楽しそうでいいと、絵図ら優先のような人にはそれもいいんだろうが、プレイヤーサイドにそれぞれの葛藤を乗り越えての楽しさが訪れる音楽は、当然聞き手も心底楽しめる。プレイヤーはこういうことに気づかないといけない。



あ〜あ、またグチを吐いてしまったな。ヤダ、ヤダ。こんなことを言ってると、嫌われもんのジジイになってしまうぅ〜 ↓。



                                   S  H  I  N  T  A  R  O