< シリーズ “想い”  その196>

 ♪ 白   筋  、 赤   筋   ♪
【2017.4.26】
  昨年の秋頃に入手したばかりの話。なので、まだまだ検証もおぼつかない低次元の段階での話であいすみません。

   白 筋  とは白色筋肉、赤 筋  とは赤色筋肉のことで、白筋は瞬発系、赤筋は耐久系の筋肉組成の構造。そして人種的に白と赤の比率が違うそうだ。ザックリだが黒人が白7 : 赤3、白人が半々、黄色が白3 : 赤7、という統計が出ている。もちろん個人差があるのでみんながみんなこの比率になっている訳ではない。
   白筋は瞬発力に優れているが耐久性に乏しく、赤筋はその真逆。なのでスポーツの世界では白筋比率はかなりの重要性があることになる。専門家の話によると日本人でもこの比率が 5 : 5 のような人もいれば、白6 : 赤4 くらいの人もいるそうだ。あくまでジョークのような推測だが、故マイケルジャクソン氏の筋肉組成は白9 : 赤1くらいなのかもしれない。

   例えば白筋は長時間の練習には耐えられないが、本番一発勝負のような時には絶大な力を発揮する。ベースボールのメジャーリーガーの多くは試合前の練習は体をほぐす程度しかやらない。これはやらない、のではなくやれないのだ。日本人プレイヤーは逆に試合前の練習はかなり入念にこなす傾向がある。これは赤筋が動くようになるまでに少し時間がかかるのでいた仕方ない。そんな訳で白筋の多い人と赤筋の多い人とでは調整法もトレーニング法もかなりの隔たりが出てくる。


   ようやくもってここからが音楽の話。と言っても私くしの超個人的な話で、弓弾きに関しての話なんだが、ジャーマンボウからフレンチに代えて今年で15年目。ロングトーンのクオリティーがある程度身につくのに約8年。そこから徐々に細かな技術の話が始まったんだが、未だ8分音符♪が実に難しい。
   8分音符のトレーニングを手を替え品を替え、あれこれたっぷり時間をかけ、ようやくここ半年ほど前からまだまだ薄っすらではあるが8分音符の感触が訪れ始めては来ている。それにしても余りにも時間がかかり過ぎ。(悲)   45才を過ぎてからの持ち替え(ジャーマン→フレンチ)だったという年齢的な考慮を入れてもかかり過ぎだ。正直、諦めなければいけないのかと心が折れそうになった時、白筋・赤筋の話が舞い込んで来た。近年(ここ20年くらいかな)は世界的にコントラバス界ではフレンチが主流。海外、特に黒人のプレイヤーのクイックな弓さばき、白人プレイヤーの滑らかでスムースな弓扱いの様子を見て、そこそこの短時間でそのような状態になってるのにいつも驚きと自分への落胆の連続だったんだが、筋肉組成の根本的な違いがあるのを知り、何故自分がこうもトロく習得にも時間がかかっているのかが、なんとなく理解出来たような気がする。もっとも分かったからといってささっとトレーニング法を修正して、直ぐに丁半駒が揃うようなことはないが、なんだか妙に心が落ち着いた。きっと赤筋がしっかり入ってる筋肉組成の体なんだろうが、落胆感は激減しそこに赤筋もトレーニング法で少しは白筋化するとの情報も入り、なんだか楽しみになって来た。

   ぶっちゃけ世界の優秀なフレンチボウプレイヤーの8分音符がswingしてるかというとそうではない。早いパッセージは弾き切れるものの8分音符のノリを見事に表現出来てる人はほぼ見かけた事がない。ポールチェンバースやスラムスチュアート、ジミーブラントンのような見事なswing感を出してる人は現在ではいないかもしれない。もっとも自分がそんな巨人に肩を並べるまで行けるかは定かではないが、この白筋・赤筋の話で残りの人生に楽しみが発生したのは間違いない。赤筋の特徴を活かし、赤筋の若干の白筋化を計り、わずかに存在する白筋のトレーニングを活性化することを念頭に、後は楽しみを持ってやって行けばいいかな、ってなんだか気を楽に持てるように変化した。

                                                  ☆

   かなり一足飛びにいいように考えを進めてしまってはいるが、日毎の感触と共に楽しみを持ってやって行こう!  おおぅ??!!(なんでここで急に体育会系になんねん。ま、筋肉の話しやからしゃあないか)



                                                    新   太   郎