< シリーズ “想い”  その195>

 ♪  バ ッ キ ン グ  の  バ ッ キ ン グ  ♪
【2017.3.26】
  悲しいかな、バッキングのバッキングをしながらのソロをやるのが日常茶飯事だ。

 バッキングのバッキングとはどういうことかと言うと、例えばこちらがソロをやってる時にピアニストなりギタリスト、又はドラマーなりがバッキングをしてくるんだが、これがどうにもツボに来ない。そこで、その絡んでくるバッキングのタイムやフィーリング、さらには世界観等の修正の為の音を入れる必要に迫られる。この時、数個の自分のソロの内容以外の音をとっさにはめ込みつつ、自身のソロを進めていかなければならなくなる。この数個の音がさっきから言ってるバッキングのバッキング用の音、という訳。
 これを入れずにソロをすると数秒の内に脱線し、崩壊し、そしてそこに必ずベースのみによるアカペラ状態が訪れ、まもなくドン引きの世界がやってくる。なのでどうしても入れる必要が生じてくる。
 当たり前だか、ちゃんとしたタイムで、尚且つこちらのソロにフィットしたフィーリングのバッキングをしてくれていれば、こんなバッキングのバッキング用の音は当然必要ない。しか〜し、バッキングのバッキング用の音をはめ込まずにソロをやれる環境はここ数年ほぼない。ただし、ここに海外(北米、ヨーロッパ、及び西洋圏)のプレイヤーが一人(フロントではなくリズムセクション)でもいれば話は別だ。たとえ彼らの腕前がそれほどでなくても、何故かバッキングに関してのストレスは感じない。勿論そのプレイヤーがソロも抜群ともなればバッキングのクオリティーはさらに上がり、バッキングプレイヤーとのインタープレイも楽しめるのは言うまでもない。

 バッキングのバッキングをしながらのソロの話は、私だけの話ではない。これはケース的に、ソロプレイヤーよりバッキングプレイヤーの経験が浅いケースによく現れる。フロントプレイヤーはほぼバッキングをすることはないので、これらの話がどれほど把握出来るのかは分からないが、リズムセクションの場合、互いにソロとバッキングのケースが生じてくる。この時、経験の差がそのまま比例して、ソリストよりバッキングプレイヤーの方の経験が少ない場合、たいていソリストの方でバッキングのバッキング用の音をどこかではめ込みながらの作業が発生してくる。ソリストはとても苦しく、ソリストより経験の浅いバッキングプレイヤーはこの時のソリストの苦しみなど微塵も感じずひたすら的外れなバッキングを能天気にやらかし、それがまたソリストを悲しませるという結果に結びついていく。
 若い世代同士だと互いのソロの内容もまだまだ経験不足な感があるので、ソリスト側もさほどの悲しみ・苦しみもなく過ごせるのだが、40代以降になってくるとこの辺のことが少し見え始め、見え始めた途端悲しみ・苦しみが始まる。この時、自分はソリストに迷惑をかけていないか、足を引っ張っていないか、悲しませていないかというのをしっかり見聞し、判断していかなければいけないんだが、おおよその人が恐らくバッキングというものに関して少し何かを取り違えてしまっているんだと思う。

 先ほどチラリと海外のプレイヤーとの共演のケースではほぼストレスが発生しない話をしたが、ぶっちゃけ少々技量がなくとも経験が少なくとも、何故だか彼らのバッキングは引っかからない。ゴキゲンなバッキングではなくても少なくとも邪魔にならないのだ。どこかバッキングという行為に対して日本のプレイヤーは何か勘違いをしているのか、取り違えをしているのか、結果的にそれはバッキングになっていない。

 バッキングをしているプレイヤーはソリストに自由を与え、スペースを与え、タイムとフィーリングを共有し、理想的にはソリストにアイディアをプレゼンテイト出来れば申し分ないんだが、日頃からどうやればスペースや自由、タイムやフィーリングをセット出来るのかを真摯に考えていく必要がある。
 いつも言ってるが、音の話を言語で説明するには余りにも無理がある。耳から入って来る情報(音)をどう解釈していくか。浅はかな判断は禁物。時間を掛け、じっくりこのことについて継続していって欲しい。

 いいバッキング、待ってます!




                           S     H     I     N     T     A     R    O