< シリーズ “想い”  その194>

 ♪ ちょっとタイトルが難しいなあ、今回は。しいて ー 練  習 ー  かな  ♪
【2017.2.26】
 音楽の世界は急いで沢山練習した所で大きな成果が上がる訳ではない。20才前後のがむしゃら時期はOK、いやむしろそれくらいの方がいいだろうが、20代半ば、後半くらいに差し掛かってくるとサボることなくマイペースでやるのがもっとも効率がいい。ただし例外的にイベント、コンサート、レコーディング等で短期集中での練習はとことんやらなければならないが、普段はできる限り長いスパンの感じで、ある程度の計画性を伴いながら反復を繰り返すのが一番いい。    
  技術が先行してしまうと確実に音楽面で足を引っ張ってしまう。なので、技術の向上ペースは心の成長や音楽の理解度と共に上げていくのが望ましい。
  それでも若い頃はやはり上手くなりたいので、ついガツガツ練習してしまい、腱鞘炎になったり、要りもしない技術を身につけてしまったりと、過ぎたるは及ばざるが如し、をやらかしてしまう。ま、若気の至りなんで仕方ないところではあるが。


 と、ぶつぶつ言ってる私くしも例外に漏れず、若い頃は腱鞘炎にもなり、役に立たなかった練習もやり、しっかり遠回りで今日を迎えている。今となれば理想的なペース配分での練習の話もわかるし、短期集中の' 今でしょ!' 的な仕込みのバランスもどの程度やれば身につき、どこまでで抑えれば腱鞘炎にもならず、ようやくもって日々の練習量をコントロールすることが出来るようになって来たが、こんなのホント、ごく近年になってからだ。いい年になって初めて諸々が分かってくる。実に情けない。
  ただ、若い頃は練習も長時間肉体的に耐えられるし、脳みその入力もじゃんじゃん出来るので、長めの練習は確かにアリだが、腱鞘炎だけにはくれぐれも注意して欲しい。後は年齢と共に練習時間も少しずつ減らし、その分楽曲の勉強やイメージの為の時間の過ごし方を大切にしたり、作曲をしたり、体力は徐々に落ちてくるのでその補足の為の運動を盛り込んだりしていけばいいだろう。

  思えば沢山失敗して来たなあ、と。もっと早くに気がつかないものかと実に悲しくなる。若い世代のプレイヤーには、是非こんな失敗を1つでも減らしてもらえればと願う。ま、それでもやっちゃうんだろうけどね。

あっ、今になって今回のタイトルが思いついた。


 


                   し く じ り 先 輩 か ら の 一 言    




                                  新  太  郎