< シリーズ “想い”  その193>

 ♪ J a z z   F e e l i n g  ♪
【2017.1.26】
   Jazz Feeling というものが日本人プレイヤーに宿るというのは間違いない。Blues Feeling が宿るのはゼロではないがかなり気薄だろう。Soul は歴史が違うので宿るのはほぼあり得ない。

   技術とか経験ではなく、内面、しかもとても奥深いというよりボトムの話だが、Soul は無くとも、Blues Feeling は無くとも、Jazz Feeling さえあれば Jazz Play は十分可能だ。この可能というのは世界レベルでもあり、歴史レベルに置いてでも、あり得るという意味で。つまり、モノホンの領域。要するに、日本人プレイヤーでも正真正銘のJazz Player になり得る。

   何をもってJazz Feelingで、何をもってBlues Feelingで、何をもってSoulなのか。この仕分けが出来るようになれば、恐らくだがその人にはJazz Feelingが宿る可能性あり、と言ってもいいと思う。
   この違いをいちいち言葉に置き換える必要などない。どだい音の話を言葉に置き換えるのはとても難解な上に、あまり意味をなさないからだ。短絡的に言って、音で把握出来るものをいちいち言語に並べ換える手間自体がナンセンス。これは一般の方々には申し訳ないが、音は言葉より深遠だし、奥深い部分で理解出来るのなら、あえて言語に置き換える必要などない、というのが理由だ。加えて、言葉に置き換えることで取り違えてしまう可能性も多分にあるし。

   ちょっと話が横道に逸れかけたが、問題はこのJazz Feeling が宿るかどうか。これが全くもって簡単ではない。現実、日本人プレイヤーでJazz Feelingが宿ってる人はほんの一握り。しかも50代、60代に集中している。一つには時間がかかるので若手にとってはどうにもならない将来的な話ということになるが、気が遠くなるような挫折の数々、気が遠くなるような練習の積み重ね、長い長い思考のトンネル。ああ〜、言い出したらキリがないが、数々の長時間ものをことごとくクリアしないとJazz Feelingは宿らない。
   Jazz Feelingが宿ってる人は、たいていのプレイヤーの気持ちが瞬時に理解でき、話を聞き入れ、話をレスポンスとして返す。ただ、Jazz Feelingが宿ってない側は、何がレスポンスなのかに中々気がつかない。意外にもリスナー側、特に一般の方々に、このある意味一方通行的なやり取りを感じ取れる場合があるからわからないもんだ。   もちろん、宿ってる人が複数人いる場合のBandサウンドは、これをもって世界レベルのJazz、又はJazz Bandと言い切れるだろう。


    現在40代、30代、さらには20代のプレイヤーが50代、60代になった時にどれほどの人が宿るようになっているか。楽しみか不安か、と聞かれたら、明らかに後者の方だ。この先ますます難しくなるのは目に見えている。何故なら、宿らせる為の苦労はとにかく半端ない。そんな苦労までして、銭にもならない、食えない世界に命をかけられるだろうか。普通に考えれば、まずやらない。よほどの変わり者か、よほどの才能の持ち主くらいしか継続しないだろう。さらに残念なことに、数多くのセッションも必須なんで、Jazz人口が少ないと到達はさらに困難なものになる。今後のベストの道のりは、宿っている人と10年〜20年というスパンでとことんやること。同年代同志の切磋琢磨も大切だが、宿ってる人との琢磨は実に効率的だからだ。
それでも10年〜20年後のJazzの世界は、広がり的な話で言えば滞ってるかもしれない。この時、Jazzに代わるワクワク出来るような音楽の登場があれば、それはそれで大歓迎だが、アメリカもトランプだし、いやはやこの先経済も含め、一体どうなっていくんだろう。

   さておき、Jazz Feeling はとても魅力的なフィールド。なにせ、戦ってるのにフレンドリーなんだから。こんな面白い世界は他にない。若い世代にも是非宿れるよう、腰を据えて取り組んでもらえたらと思う。かなり大変だけどね。その頃に、Jazzが音楽界のF1のような存在になってればいいんだけど。。。



                      S      H      I      N      T      A      R      O