< シリーズ “想い”  その190>

 ♪ 天  才  逝  く ♪
【2016.10.27】
  10月11日、天才サックスプレイヤー 宮本 大路 氏が逝ってしまった。

  私にとって彼との出会いは衝撃だった。私が東京に出て来て3年目くらいの時、リハーサル前の音を出す前からドキッとし、彼のバリトンサックスから音が出た瞬間、それは想像を遥かに超えていた。オーディエンスの居ないライブハウスの空間の隅々までピタリとサウンドさせ、楽曲が始まるや彼が音を出してる間、水を得た魚のようにサウンドがぐいぐいと進んで行く。リハーサルが始まってほんの数秒で"天才だ!"と認識した。
勉強で積み上げて来た音ではない。これこそが才能だと、日本人プレイヤーの中で初めて感じた感触だった。これまで、優秀なプレイヤーは何人か接して来たが、こんな明らかに全く別物の感触は触れたことがない。
  とてつもなく努力を惜しまずやってるプレイヤーの音は、それはもうハートにじ〜と来る。でも大路の音はあまりの高次元、高品質で、瞬時に口がポカンと開き、閉じることが出来なかった。もう言葉で語れる次元ではないのだ。

  いい音を出してるプレイヤーは人間も当然グッドで、駄弁っていても話は弾むし、時の過ぎ方がとても気持ちいい。大路もリハの最中の曲間でのやりとりや、リハ後の楽屋でのトーク、アフターアワー、全てにおいていい時間が渦巻き、回りを和ませ、やる気をそそらせる。
  どんな曲をやっても大路がいる限り、それはとてもいい曲になってしまうのだ。私自身は彼とは10数回程度しか仕事をしたことがないが、誰かのオリジナルをやろうが、何かのアレンジものをやろうが、オーソドックスにスタンダードをやろうが、音楽が兎にも角にも上質に早変わりし、彼が吹いてる限り退屈な時間が一切やって来ない!  初顔の1曲目の時に、東京にはこんなに凄いやつがいるのか!!、とやってる最中に衝撃が走った。
  関西にもギタリストで 寺井 豊 さんというこれまたとんでもない才人がいて、ご一緒させてもらう度に未だに必ず衝撃が走る大先輩がいるんだが、大路はこれまでの日本のJazz界の歴史上に登場して来るプレイヤーとは完全に別物だった。アンサンブルの質感は元より、譜面もの(アレンジもの)でも初見からびっくり仰天の読み切り、見抜きで、全くリハーサルを必要としない。たいていはフメンがちょっとお得意な人はハートが薄っぺらかったりするもんなんだが、大路にはそんなのもない。初めてなのにもう何度もやってるかの如く、実に表情豊かに歌い上げてしまう。日頃はバリトンサックスなんだがテナーを吹こうが、アルト、ソプラノ、フルートやクラリネットまで、何を吹いてもとにかくお見事で、何度共演してもほんとに口が塞がらなかった。


  そんな彼が先日、逝ってしまった。日本のJazz界にとって彼を失うことがどれほどのことなのか。それは例えれば、V9時代のジャイアンツの脂の乗り切ってる時期の王選手を失うようなものだ。これは決して大げさな話ではない。それくらいデカイものを私達は失った。
  当然彼の替わりなどいる訳がない。でも大路のことだから、きっと天国から我々しもべにそっと手を差し伸べ、少しでもいい音楽になるように知らず知らずの内に手伝ってくれてるに違いない。本当に、大路に出会えて良かった。


  同い年。もう少し頑張れれば同様に還暦を迎えられたのに。
  大路、やすらかに!!



                                         新 太 郎