< シリーズ “想い”  その189>

 ♪  握 手   ♪
【2016.9.28】
 初対面の時に交わす  握手。2回目以降ではなく、初回限定で。

  最近、う〜ん、ここ数年かな、対照がプレイヤーというくくりで、初めて会うか、紹介された時に交わした際の握手のその瞬間の握り具合、又は握り返され具合でそのプレイヤーがどれくらいの技量かが、何だか分かってしまうようになって来た。
  遠慮がちな握手の感じの人は、プレイも当然遠慮がち。握りが ふあ〜 の人はプレイも、ふあ〜。こっちが痛いくらい握ってくる人のプレイは、大抵押しつけがましいサウンド。程よく握り返してくる人は、初っぱなからとても楽しくやれる。

  スティービー・ワンダーは握手するだけでパーソナリティーも全て分かる、という話を聞いたことがあるが、私の場合残念ながらパーソナリティーまでは分からない。その代わりプレイ面は握手の感じだけでほぼ想像通りの音が出て来る。見た目、身なりだけで出て来る音は想像出来ないけど、初めましてと言って、 その時交わす握手のこの瞬間で大方の展開が見え、それがそのまま現実になるから面白い。
  もっとも、音を聞けばパーソナリティーは瞬時に分かるし、見え易い人はどんなプレイヤーをこれまでに聞いて来てるかも分かるので、相手を知るのに音に勝るものはないだろうけど、近年この握手の瞬間が楽しみでならない。
  でもこの感触って、ある程度の人生経験のある人なら、同じフィールド、ジャンル同志だと、たぶん同様に分かってしまうのでは、と思う。

  握手は本当の意味で自己紹介の場のようだ!

新 太 郎