< シリーズ “想い”  その188>

 ♪ 再    出    発  ♪
【2016.8.30】
     少しばかりやらかしてしまった。。。
 今月、こともあろうにJazzのライブハウスで 1 曲とはいえ、丸々のクラシック曲(ピアノ曲)をベースで弾いた。実に、アウェイだった。せめてコンサートホールなら少しはアウェイ感も薄かったかもだが、やはりJazzのライブハウスで、もろクラシックというのが、これほどまでにドン引き感に包まれるとは、想像を遥かに超えていた。
おまけにこの曲の出来栄えのピークが約1ヶ月半ほど前に訪れ、Xデーに近づくにつれ滑降の如く何をやってもパッとしない有り様になってしまい、ただただ重い6分半を過ごすことになった。
Jazzの場合は殆どが即興なんで、準備と言っても体調くらいなものしかないが、クラシックはそうはいかない。
歌い込みの厚み感、基本部分(技術面)の下地準備、現場の音場への即時対応力、共演者との微妙なやりとり、何といっても絶対に間違ってはいけない楽譜へのプレッシャー、などなど。他にも細かな話はあるが、全てが苦痛の何ものでもない。慣れれば一つ一つ解消していくんだろうけど、なにせ生涯初。しかも、Jazzのライブハウスという超アウェイ付き。いい経験には決まっているが、無謀と言われても仕方がない。

 Jazzの名盤作りはむしろさほど準備がない方が可能性が僅かではあるが高いと思うのだが、クラシックの名演はXデーにいかにアジャストするかがとてつもなく重要かつ大変だ。
今月リオで4年に一度のオリンピックがあったが、年単位の試合日への調整ほど大変なものはないのは想像するに容易い。そこまではいかないだろうが、クラシックのリサイタル日にピークを持っていくのがどれほど難しいものなのか、大変なのは一目瞭然だが今の時点ではその大変度がいかほどのものか全く想像出来ない。全てが経験で少しずつ解決していくのは知っているが、気が遠くなるほど遠いのは確か。

 今年還暦を迎え、生まれ変わったようなルンルン♪〜のノリで人生初トライを敢行した訳だが、見事に奈落の底に落ちた。実はこの日、これだけに留まらずもう一つの人生初ものもやらかしてしまい、ダブルで奈落へと旅立ったのだ。この日、聴衆になった方々へは申し訳ないの一点張りしか言えないが、狙った訳ではないが還暦記念でどん底からの出発年になってしまった。

 次回、またこの新たな二項目の機会がある時は、一つでも明らかな改善点があるようにするのは必須だが、両方とも簡単ではないことがよ〜〜〜〜くわかったので、今後もこれまでと変わらず精進して参りますので何卒温かく、応援のほどよろしくお願い致します。という、何故かお願いの つぶやき になってしまいましたね。

(にしても、歌の方はもうちょっと上手いこといくと思ってたんやけどなあ?、・・・。)

                                          新  太  郎