< シリーズ “想い”  その187>

 ♪ 鼻   歌  ♪
【2016.7.30】
 皆さん、鼻歌 ってやりますよね。あの、つい ♪〜 と出てくるやつです。と、言いかけたものの、この話がどれほどの方に当てはまるのかが余りにも未知数なんで、これについて語るのに、少し恐縮感が伴ってるんですが。

例えば今仮りにこの瞬間 Over The Rainbow を鼻にかけたとしましょう。この時実は、自身の心の状態とその鼻にかけた曲の出処がとてもリンクしてるんです。その瞬間の自分の心の状態がどんなだったかをささっとチェック出来たら、「 そうか、Over The Rainbow ってこんな曲なんや!」って思ってもらってたぶん大丈夫、というお話。

曲というのは、作曲家が何らかの状態の時に、つい鼻にかけてしまう音のラインを、辿り、連ね、綴った(又は書き留めた)もの。恐らく、名曲ほど from鼻歌。なので名作曲家は鼻歌名人なんですね。
名人は出てくる音のラインを疑わず、サラサラと書き留め、その後しばらくそれを繰り返し、自分自身へ印象付けをし、固定化し、テンポ感、ハーモニー感などの肉づけを加え、一曲を仕上げていく。歌詞が先にある場合は、その歌詞からインスパイアーされ、ある境地に達した時、ついつい溢れ出る鼻歌をつなげて行き、後は同様の作業で一曲が生まれてくる。

一方で受け止める側にとって、曲を知る際に、歌詞から来る印象と音のラインがどのように、どの程度関連しているのかがぶっちゃけ分かりづらいという点があり、これが意外に厄介。そこで登場する解析手段がこの鼻歌い。鼻歌がつい出てしまったら、即その瞬間の自分の気分、心の状態を顧みることで、ダイレクトに曲がなんだか ' わかる!' という感知システム。歌詞からはおおよその出処付近までは掴めるものの、ドンピシャというのは意外に難しく、メロディー全般をじっくり解析といっても、やはりそう簡単ではない。曲というのはおおむね、いい曲ほど理屈抜きで生まれてくるので、考えた所で、見つめた所でそうそう分かるもんではない。でも、どういう曲なのかを踏まえておかないとやはり演奏の際にどこかピンぼけになり易い。そこでこの、鼻歌探り、という訳。

散歩をしている時、部屋を掃除してる時、なんだか遠くをぼんやり見ている時。何かの時にふと、つい出てくる鼻歌。これを、ただ歌い続けるのではなく、出て来たその瞬間の自分の心のあり様と照らし合わせることで、つい歌ってしまった鼻歌の  何か  が分かる。でもって、鼻歌とこんなような付き合いが始まると演奏での音楽の幅も、心の懐(奥行き)も、味わいも、表現手法も、じわり、どこか変わって来るんだな、これが。
スタンダードに限らず、歌詞のない大昔のクラシックの楽曲でも、近年のポップス曲でも、話は全て同じ。ついその一節(ひとふし)が鼻から出たら、即自分との照らし合わせチェックを開始!  この鼻歌作戦で数曲?十数曲探れれば、徐々にではあるが鼻歌を待たずともメロディーと心の関係性の、これまた理屈抜きでの理解が少しずつではあるが始まってくる。ただし、毎日毎日繰り返し聞いてる曲は対象外。しばらく聞いてないのに、つい、出て来るのが対象曲。


こんな話、耳寄りになるかなあ??



                                       S  h  i  n  t  a  r  o