< シリーズ “想い”  その186>

 ♪ 大変長らくお待たせしました  ♪
【2016.6.30】

 読者の皆様、大変長らくお待たせ致しました。このコーナーの再開、なんとか漕ぎ着け、間に合わせてます。ただ、昨年暮れにお釈迦になった替わりのPCをゲットした訳ではなく、管理人に無理を言ってUPしてもらってます。管理人さん、ありがとう!そして、長い間ありがとう!これからも末永く宜しくお願いします!!  と、人生の節目(還暦)を迎えた勢いで、この場をお借りしてお礼申し上げたいと思います。

という訳で、お休みしている間に還暦を迎えてしまいました。名実共に「お爺ちゃん」に突入〜。「新爺(しんじい)」と呼んでくれてもいいですよ、いやホンマ(笑)。
このコーナーを休んでいる間にも毎月、この話題、この議題について語りたい、吐きたい、つぶやきたいという衝動が当然の如くあったのですが、いざ再開となると、今年になってからの訪れた論点をまとめてドッとお伝えしようという気に何故か、なれません。一つには、一ヶ月前は自分にとって既に過去の事象に過ぎず、旬の議題ではないので、勢いよく問題点に切り込むことが出来ない。Jazzでも、前もって練習した即興用のフレーズを本番(ライブやレコーディング)で盛り込んだところで全くサウンドしないのと同じで、疑問点への切り込みも' 旬 'でなければ、やはりそれは読む人に伝わらない、と思えるのです。人に伝えること自体大変なのに、取り置きしてるような勢いのないものが人の耳に、目に、心に伝わる訳がありません。
とまあこんな体質なんもんで、今年の1月の議題、2月の話題、3月の・・、・・・、そして先月と、それぞれに旬の話はあったものの、今月ここでそれらを取り上げる気になれず、それら自体を思い出そうとすらしないありさまです。年を取るとどんどん頑固になると言いますが、これ、どうやらほんまのようで困ったもんです。これから先、更に益々これが進行していくのかと思うと、我ながらぞっとします。

たった5ヶ月このコーナーを休んでいる間にJazz界への見方が多少変わりました。少し遠目になったというのか(老眼になった話ではなく)、傍観者的なおももちで見始めたというのか、Jazz界の爆発的な復刻への期待感が残念ながら持てなくなり、たとえ小規模でも ポン と復刻の時期が訪れることを望んではいるが、もう望むのがいよいよ難しくなって来たというのか、冷めてしまった訳ではないんだか、どこか周りへの期待感が減退し、その代わり自分自身と自分の目の届く範囲の充実化に気持ちがぐっとシフトチェンジして来た、そんな変化です。
理由の第一位は当然自身の老齢化だろうけど、Jazz界自体の成熟感と、これまで爆発的な時代を牽引して来た方々がいよいよ残り僅か。そこで、我々の世代は次世代への継承世代なんだろうが、多くの次世代のプレイヤーがもう過去の事例にはあまり興味を示さなくなってしまっている現状があり、我々の世代の役割感がぐっと薄れてしまっている点などが理由の骨子かなと。
でも年寄りになって少なからずも何をやっていくかとなると、やはりこれまでの経験、知識、技術などを一人でも多くの次世代のプレイヤーに、次世代のリスナーに語り伝えていくことが中心となってくる。

とまあ、実に真面目な優等生の文言を言ってる傍ら、還暦を迎えた翌日からライブ中に「若いもんにはまだまだ負けへんでぇ〜!」などとシャウトしたりして、これがまた意外にも結構ウケるのでついつい味を占め、図に乗って何度も口走ってしまうという愚かな行為もするようになったり(悲)。

まっ、そんなこんなで、こんなことを言いながらもちんたらとこのコーナーをマイペースで続けていくことになると思います。という訳で、今後ともご受読のほど、宜しくお願い申し上げます!



                                                   新  太  郎