< シリーズ “想い”  その184>

 ♪ 人 生  損 を す る ♪
【2015.11.26】

 いい音を出してるプレイヤーとやらないと、人生損をする。この類の話は恐らくどんな世界でも共通する話だろうが、音楽の中でもとりわけJazzはてきめん。人間は悪くないんだがプレイはテキトウな人だったり、明らかにチンタラやってる人と5年10年過ごすのと、ばっちりスウィングしている人と同期間過ごすのとでは、とてつもない差になってくるのは簡単に想像がつくと思う。なのに、多くの日本のプレイヤーはいい音を出してるプレイヤーとのプレイを避ける傾向がとても強く、加えて根強い。理由は、恥をかかされるから、というのが断トツで、後は下手くそとご一緒させては申し訳ないとか、きっとギャラが高いだろうからとか。要は、何でもいいから難くせを提示して共演を避けたい、というのが本心のようだ。プロがこれなんだから、ほんとに情けない。99.5%のプロがスウィングしない理由がここにあると言っても過言ではないだろう。
 いいプレイヤーをやっかみ、敬遠し、最悪なのはどこかこけ落とすネタをあさっているやつまでいる。

 少しづつではあるが時代の移り変わりで、この体質も若手の世代で変化の兆しはあるものの、改善までには相当な時間(年月)がかかるのは確か。ならば、少しでもこの状況下でベストな手段を取ることが重要になってくる。ただし、いいプレイヤーとやっておけば必ず数年後に自分がいいプレイヤーになれる、という保障などは全くない。しかし、そうでないプレイヤーとばかりやってると100%いいプレイヤーにはなれない。さあ、どっちを取る? こんな単純極まりない話なのに、これが中々行動に移らない。Jazzは本心では好きではなく、ただ表向きに格好をつけているだけなのか、こんな単純な話すら考えたことがないのか、実に控え目なのか。これまた理由はいくらでもでっち上げられるんだろうが、確実に言えるのは、Jazzはいいプレイヤーとやらない限り絶対に解らない!ということ。しかも残念ながら、できる限り頻繁に、10年以上の長期スパンで継続していかないと、恐らく取り違えてしまう。
 時代がJazzだったアメリカの1940年代〜1960年代の間ならまだしも、今となっては自力でJazzをゲットするのはほぼ難しい。Swingしているプレイヤーと、とことんやることで大量の学習が可能になり、この下地からJazzを掴んでいくのが、恐らく唯一残された方法(手段)と言ってもいい。毎回いいプレイヤーの人から有り難い話が聞けるというのではない。大事なことは、そんないいプレイヤーから盗み取ること。この作業がいずれ観察力、思考力、考察力、洞察力、判断力、忍耐、謙虚等につながり、そしてやがて光が見えてくる。
 モノマネや憧れのプレイヤーにふんしたような他人のふんどしでは、Jazzは絶対にスウィングしない。か細くても自身の喋り口がないとスウィングしていかない。そういう音楽だから。

 10年、20年という単位のコツコツ作業になるが、Jazzをやりたいんならこの手間ひま作業をやり続けるのが一番確か!じっくりといいプレイヤーとの接触期間を、是非保ち続けて頂きたい。
 今回はちょっとばかし気の遠くなるような気の長〜〜〜〜〜い話。でも、ホントの話!!

                              新   太   郎