< シリーズ “想い”  その182 >

 ♪ こ ん な よ う な ♪
【2015.9.26】
 こんなような状態(姿)になりたいなあ〜、という発想がまずは第一歩。それは、憧れであったり、夢物語であったり、工夫すれば実現可能なものであったりする。この第一歩を踏み出すことで「自分」への歩みが始まる。そして間違いなく大小様々な壁に必ずぶち当たる。ここで壁を越えられるかどうか、ぶっちゃけ忍耐力の勝負になる。

 第二歩目は当然、この壁への克服の道、ということになる。どうやれば乗り越えられるか。日々、これで苦しむ。何日も、そして何年も。この克服道の道中で、人は色々と学ぶことになる。失敗の数々、若干のいい感触、更なる新たな疑問と難題。それでも人間は時間をかけることで、多方面によるノウハウが徐々に備わり、少しずつ壁を解消し始める。壁が一つ二つとクリアされていくと、いよいよ前進だ。しかしながら、遅かれ早かれ視界を覆い尽くすほどの空前の壁がやって来る。そしていよいよここが、いわゆる人生の岐路。何としても乗り越えてやろう、と思うか、もう何年も取り組んでどうにもならないから別のルートを探そうとするか。思うに、恐らくだが一番多いケースが、巨壁に取りかかったものの乗り越えるのが無理かもと別ルートの模索に走るが、色んな別ルートを見渡した時にいまいち魅力を感じることができず、先の巨壁に立ち戻り、これを克服すべくよじ登ろうとするケース、ではないだろうか。
 もちろん、別ルートの模索から意外にも「自分」の発見があることもある。心変わりすることは、決して悪いことではない。まあちょっとした持ちようだが、巨壁を乗り切るコツは、これは誰もやったことがないんだから、なんてことを勝手に大げさに想定しながらやれば、少しは苦しみが軽減され、くじけず腰を据えて取り組めるだろう。もう一言つけ加えると、ちょっとした違いだが一番良くないのが、誰もやってないことをやってやる、と思ってしまうこと。実際に誰もやったことがない事をやってのけた人は、成し遂げる前にこんなこと一切思いません。何故なら思う前に、すでにやれてるから。やる前に思ってしまうと空回りするだけで、結局何年経っても前進なしのパターンにはまるだけ。ダメ元は謙虚になり、道はおのずと開けて行く、というからくり。

 人生なるようにしかならないし、たかだか100年未満なんで、自分の人生を悔いなくやるのが一番に決まっている。悔いさえなければいい! と、綺麗ごとを言ってる当の本人も後悔することがしょっちゅう。悔しい思いをして次にどうするか。これが第三歩目かな。

 とまあ、かなり適当な言い回しをしているが、Jazzが楽しくなるには正直、時間がかかる。苦しみが楽しい、なんてことになるとそれはもう病気だが、こうなれば全て楽しいことだらけになり、人生バラ色。気がつけば巨壁を乗り越えてしまっているということにもなる。よく言う、要は気持ちの持ちよう次第。結果、やがて訪れるであろう状態が、第一歩目に思い描いた姿と違っているケースが恐らくはほとんどだろうが、長年かけて積み上げ、到達した姿・状態を見た時に「これが自分かぁ〜〜」と、感慨深いものになっているはず。
 いずれにせよ、・・・苦しみは面白いよ! と付け加えておきたい。

<ハ、ハ、ハ、ハァ〜、すみませんねぇ〜、病人からの一言でしたぁ〜(笑)。にしても、今回のこのコーナー、何を言いたかったんだろう???>

新 太 郎

(今回は存在がちっちゃいなぁ〜)